日建設計、シンガポール鉄道跡地国際設計コンペ・マスプラ部門で優勝 画像 日建設計、シンガポール鉄道跡地国際設計コンペ・マスプラ部門で優勝

海外進出

 日建設計は10日、シンガポール都市再開発局(URA)が主催する「レールコリドー国際設計コンペティション(RFP)」のマスタープラン部門で優勝したと発表した。旧マレー鉄道跡地(レールコリドー)をパブリックスペースとして再生する国家プロジェクトで、同社は今後、提案したマスタープランの修正業務と、先行実施エリア(旧ブキティマ駅からヒルビューロード間4キロ)の基本計画業務を行う。納期は来年上半期中。
 レールコリドーは、シンガポール南部の旧タンジョンパガール駅から北部のウッドランド国境地区までを結ぶ旧マレー鉄道の跡地(24キロ)。政府は産業振興を支えてきた線路の再生を目指し、国際コンペの実施を決定した。
 日建設計は、現地のランドスケープ事務所のTierra Designやエンジニアリング事務所のOve Arup & Partners Singaporeとデザインチームを編成し、世界各国から64チームが参加した審査で、跡地再生のための概念マスタープランと跡地に沿って点在する10カ所の重点エリアのデザイン提案を求める「マスタープラン部門」で優勝した。
 同チームの提案は、緑豊かな生態系を維持しながら、市民に愛されるパブリックスペースの構築を目指す「Lines of Life」。跡地に緑地、遊歩道、自転車道、休憩所、案内所、レンタサイクルステーションなどを整備し、南北のつながりだけでなく、東西に位置するコミュニティー同士の関係性を紡ぎ合わせる周辺開発も視野に入れた豊かな生活環境の創出を提案し、「よく考え抜かれた戦略的で強固なマスタープラン」と高く評価された。
 デザインチームのリーダーを務めた田中亙都市デザイングループ代表は「市民が誇りに思えるようなパブリックスペースの創造に尽力していきたい」とコメントしている。同社は来年1月18日~2月26日、東京・飯田橋の本社1階ギャラリーで「レールコリドー展」を開く。

日建設計/シンガポール鉄道跡地国際設計コンペ・マスプラ部門で優勝

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

    タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  4. バンドー化学、ベトナムに新工場

  5. テンプル大学ジャパンキャンパスが小~高校生向け夏限定集中プログラムを実施

アクセスランキングをもっと見る

page top