キーレスエントリ関連技術特許総合ランキング、トップは東海理化 画像 キーレスエントリ関連技術特許総合ランキング、トップは東海理化

マネジメント

パテント・リザルトは、日本に出願された車両用キーレスエントリ関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果を特許・技術調査レポート「車両用キーレスエントリ関連技術」にまとめた。

調査は、1993年から2015年9月末までに日本の特許庁で公開された関連特許4590件を対象に実施。特許の質と量から総合的に参入企業の競争力を見た「特許総合力ランキングを集計した。その結果、1位 東海理化電機製作所、2位 デンソー、3位 トヨタ自動車となった。

1位 東海理化電機製作所の注目度の高い特許には、「携帯機が手元になくても、キーIDである第2識別コードを登録した通信端末を所有していれば車両動作を実行できる電子キーシステム及び通信ユニット」などが挙げられる。

2位 デンソーの注目度の高い特許には、「システム全体の構成の簡略化及び受信機での処理負荷の低減を実現するキーレスエントリシステム」などが挙げられる。

3位 トヨタ自動車の注目度の高い特許には、「送信要求信号の周波数を高周波数かつ低出力とすることができ、送信手段の小型化及び低コスト化が可能な車両用のドアハンドル」などが挙げられる。

そのほか、4位 三菱電機は、「携帯機の電池寿命を損なうことなく車載機は携帯機の存在する位置を認識し、携帯機の位置に応じて車載機の遠隔操作を許可する車載機器遠隔制御システム」などが、5位 富士通テンは、「多数の機能に対して遠隔操作可能としながら、遠隔操作許容範囲が機能毎にそれぞれ適切に設定された携帯用送信機」などが注目度の高い特許として挙げられる。

6位以下では、オムロンオートモーティブエレクトロニクス、アイシン精機、本田技研工業、マツダ、アルプス電気などの企業が上位にランクインしている。

キーレスエントリ関連技術特許総合ランキング、トップは東海理化…パテント・リザルト

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

    事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  2. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

    ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 中小企業の「事業承継税制」利用急増のなぜ

  5. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  6. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  7. 親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

  8. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

  9. 建設女子応援、国交省が活躍23事例をHPで紹介

  10. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

アクセスランキングをもっと見る

page top