下期為替予想、レート1ドル=120円が最多 東京商工リサーチ 画像 下期為替予想、レート1ドル=120円が最多 東京商工リサーチ

制度・ビジネスチャンス

東京商工リサーチは、2016年3月期決算企業の下期想定為替レート調査結果をまとめた。

東証1部、2部上場メーカー77社のうち、30社、約4割の企業が対ドルの下期想定レートを1ドル=120円に設定した。外国為替市場では、円安基調が続き、自動車メーカー、自動車部品メーカーなど、輸出産業を中心に好業績をあげる企業が目立つ。次いで、115円が25社、118円が7社、119円が5社、121円が4社と続く。想定レートの最安値は125円だった。

対象77社は、期初時点で対ドル相場を1ドル=115円とした企業が43社と、全体の約6割を占めていた。下期想定レートの期初比較では、期初の「115円」と変わらずが23社で最も多かった。次いで、「115円から120円」に変更が11社、期初の「120円」と変わらずが9社と続く。

想定為替レートが期初時点と変わらないケースは37社と半数近くを占め、為替相場に対する上場企業の模様眺めをうかがわせた。

ただ、期初時点と変更なしが約半数を占め、中国経済の減速懸念などから、今後の経済環境の不安定さを警戒して、想定レート変更には慎重な姿勢だ。

調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機器メーカー(3月本決算企業)のうち、2016年3月期決算の業績見通しで第3四半期以降の下期想定為替レートが判明した77社を抽出したもの。

輸出産業の下期為替レート1ドル=120円が最多…中国リスクで慎重姿勢

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

    ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

    ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  4. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  5. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

  6. 銀座・築地エリアからJR東京駅付近まで新路線、延長へ

  7. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  8. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?

  9. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  10. 成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

アクセスランキングをもっと見る

page top