成田空港免税店、中国人旅客の爆買いが直近2年で倍増 画像 成田空港免税店、中国人旅客の爆買いが直近2年で倍増

インバウンド・地域活性

 全日空商事は、成田国際空港の出国エリア内免税店における国別購買動向調査の結果を発表。国慶節の休日期間における中国人客の売上金額が、直近2年で倍以上に増加した。

 今回の調査対象となった店舗は、全日空商事のグループ会社である全日空商事デューティーフリーが運営する「ANA DUTY FREE SHOP」。中国の建国記念日「国慶節」の休日期間にあたる10月1日~7日の売上データを調査したところ、2013年の数値を100とした場合、15年の客数は185%、客単価は126%を記録し、売上金額にいたっては233%という倍以上の高い伸びを示した。

 8月にオープンした「ANA DUTY & TAX FREE SHOP」では、同社としては初となる家電の取り扱いを開始しているが、9月と10月の商材別売上構成比を比較した場合、家電は11%から13%へ2ポイント増加。売上金額そのものは131%、売上個数では135%といずれも増加した。

 調査対象が空港の出国エリアにある店舗ということから、中国人の爆買いは出国ぎりぎりの駆け込み需要にまで及んでいること。さらには、家電の販売が増加傾向にある点で、中国人が家電を好む傾向が明らかになった。インバウンドビジネスの可能性は、今後も広がっていきそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 慶応大学日吉記念館、1958年から約60年ぶりの建替へ

    慶応大学日吉記念館、1958年から約60年ぶりの建替へ

  2. 小田急グループ、御殿場アウトレット内にホテルと温泉施設を建設

    小田急グループ、御殿場アウトレット内にホテルと温泉施設を建設

  3. 兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

    兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

  4. 勝どき東地区の再開発、防災船着き場も整備

  5. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

  6. 五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

  7. リニア新幹線、静岡県内導水路トンネル新設/南アルプストンネル建設に伴う施策

  8. 昭和記念公園に隣接、立飛みどり地区プロジェクトが起工/多目的ホールやホテルも

  9. 東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

  10. 首都高大規模更新、1号羽田線更新工事発注先は大林組JVに……技術審査・価格交渉方式初適用

アクセスランキングをもっと見る

page top