福袋の目玉は「食」、力士との食事や相撲観戦も、東武百貨店 画像 福袋の目玉は「食」、力士との食事や相撲観戦も、東武百貨店

インバウンド・地域活性

 正月の福袋、目玉は「食」――。東武百貨店池袋本店(東京都豊島区)は9日、同店で2016年福袋のお披露目会を開いた。客が、野菜や肉を売り場で選べる商品が初登場。訪日外国人を狙ったものも発売する。

 同店によると、今年は「肉フェス」や地域物産展などで特に「食」に注目が集まった。食品の福袋を強化し、昨年より1000個多い約3万個を用意する。

 農産物、肉などそれぞれ対象の売り場で好きな食材を選べる福袋を発売。国産野菜や果実を選べる福袋(5点限定、2万16円)では来年の「平成28年」にちなみ、青果専門店の約400点から28種類(パック、箱など)が選べる。肉では、食肉専門店の松阪牛や宮崎牛など和牛や豚、鶏肉約150種類から2・8キロ分を選べる福袋(5点限定、2万16円)を発売する。

 訪日外国人対応では、力士と一緒にちゃんこ鍋を食べたり、大相撲が観覧できたりする内容の福袋(2点限定、5万円)を販売する。

青果や肉 選べる福袋 東武百貨店池袋本店

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  3. 3Dプリンターで服を量産!? その素材は…

    3Dプリンターで服を量産!? その素材は…

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  8. JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

  9. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  10. 国立アイヌ民族博物館建設、予定地はポロト湖畔周辺

アクセスランキングをもっと見る

page top