国交省、観光地でバリアフリー化推進 画像 国交省、観光地でバリアフリー化推進

インバウンド・地域活性

国土交通省は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて観光地のバリアフリー化を進めると発表した。

バリアフリーについては、バリアフリー法に基づく「基本方針」などをベースに、2020年度までの整備目標を決定し、計画的に取り組んでいる。ただ、2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据え、更なる増加が見込まれる外国人観光客を地方に誘客していくための方策の一つとして、地方にある観光地のバリアフリー化を通じた受け入れ環境の改善が重要と見ている。

観光地におけるバリアフリーに関する情報収集・分析を通して、アクセシブルな観光地の推奨・公表に向けた新たな評価指標を策定するため、2015年度に調査研究を実施するとともに、そのための検討会を設置する。

1回目の検討会を11月11日に、京都府立総合社会福祉会館で開催する。

観光地でバリアフリー化推進、2020年東京五輪に向け

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

    北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  5. JR四国『太平洋パノラマトロッコ号』がごめん・なはり線へ

  6. ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  7. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  8. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  9. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  10. サミットから始まる人の縁、三重で進む移住プロジェクト

アクセスランキングをもっと見る

page top