国交省、観光地でバリアフリー化推進 画像 国交省、観光地でバリアフリー化推進

インバウンド・地域活性

国土交通省は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて観光地のバリアフリー化を進めると発表した。

バリアフリーについては、バリアフリー法に基づく「基本方針」などをベースに、2020年度までの整備目標を決定し、計画的に取り組んでいる。ただ、2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据え、更なる増加が見込まれる外国人観光客を地方に誘客していくための方策の一つとして、地方にある観光地のバリアフリー化を通じた受け入れ環境の改善が重要と見ている。

観光地におけるバリアフリーに関する情報収集・分析を通して、アクセシブルな観光地の推奨・公表に向けた新たな評価指標を策定するため、2015年度に調査研究を実施するとともに、そのための検討会を設置する。

1回目の検討会を11月11日に、京都府立総合社会福祉会館で開催する。

観光地でバリアフリー化推進、2020年東京五輪に向け

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か?

    「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か?

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 富裕層インバウンドの法則その2

  5. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  8. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top