小型SUVに搭載可能な路面性状計測システム……三菱電機 画像 小型SUVに搭載可能な路面性状計測システム……三菱電機

インバウンド・地域活性

三菱電機は、三菱モービルマッピングシステム(MMS)を搭載した「路面性状計測車両」を製品化し、2015年10月より市場投入したと発表した。

現在、舗装路面は「路面性状自動測定装置」が測定した距離精度・わだち掘れ・平たん性・ひび割れの計測データから判定された維持管理指数をもとに管理されている。三菱電機は今回、これら路面性状の計測データに3次元空間位置データを付加し、より高度な調査・管理ができるMMS機能を持つ「路面性状計測車両」を開発した。

開発車両は、路面性状を計測しながら自動的に3次元空間位置データに紐付けし、計測作業を効率化。位置情報を含む計測データを蓄積することで、経年劣化のモニタリング精度を向上させる。

また、計測機器に小型のレーザー照明とラインカメラを採用したことで、小型車両(SUV 車)への搭載を実現。狭い道路など、計測可能な道路範囲を拡大させた。さらに、白色照明ではなくレーザー照明を採用することで自治体申請を不要とし、購入直後から使用可能とした。

同社では、センチメートル級の座標精度を活用した計測技術で、路面管理分野への参入を目指す。

三菱電機、路面性状計測車両を開発…3次元空間位置データで高精度化

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  8. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 国産材で作ったエレキギター、いままでの常識を覆す音色の理由は?

アクセスランキングをもっと見る

page top