小型SUVに搭載可能な路面性状計測システム……三菱電機 画像 小型SUVに搭載可能な路面性状計測システム……三菱電機

インバウンド・地域活性

三菱電機は、三菱モービルマッピングシステム(MMS)を搭載した「路面性状計測車両」を製品化し、2015年10月より市場投入したと発表した。

現在、舗装路面は「路面性状自動測定装置」が測定した距離精度・わだち掘れ・平たん性・ひび割れの計測データから判定された維持管理指数をもとに管理されている。三菱電機は今回、これら路面性状の計測データに3次元空間位置データを付加し、より高度な調査・管理ができるMMS機能を持つ「路面性状計測車両」を開発した。

開発車両は、路面性状を計測しながら自動的に3次元空間位置データに紐付けし、計測作業を効率化。位置情報を含む計測データを蓄積することで、経年劣化のモニタリング精度を向上させる。

また、計測機器に小型のレーザー照明とラインカメラを採用したことで、小型車両(SUV 車)への搭載を実現。狭い道路など、計測可能な道路範囲を拡大させた。さらに、白色照明ではなくレーザー照明を採用することで自治体申請を不要とし、購入直後から使用可能とした。

同社では、センチメートル級の座標精度を活用した計測技術で、路面管理分野への参入を目指す。

三菱電機、路面性状計測車両を開発…3次元空間位置データで高精度化

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

    大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  9. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  10. ブライダル市場で勝ち抜くキーワードは「なし婚」「少人数婚」「外国人」

アクセスランキングをもっと見る

page top