三重県が「おもてなし経営 実践道場」で食・観光の経営人材を育成 画像 三重県が「おもてなし経営 実践道場」で食・観光の経営人材を育成

インバウンド・地域活性

 三重県は10日、「おもてなし経営 実践道場」における参加企業(受講生)の募集を開始した。募集締め切りは30日まで。

 同道場は県内にある食・観光サービスを展開する企業で次世代の経営を担う人材を募集し、育成しようという事業。先進的な取り組みを実践している県内外の企業に人材を派遣し、その経営方針や経営手法の習得を目指す。研修後、習得したノウハウなどを県の食・観光サービス業界にフィードバックし、地方創生を図る計画だ。

 人材の受け入れ企業は、県外では北海道のザ・ウィンザーホテルズインターナショナル、東京の帝国ホテル、岐阜の本陣平野屋花兆庵など。県内では赤福、伊賀の里 モクモク手づくりファーム、かきうち農園などを予定している。

 受講生の募集受付が終了した後、12月上旬に事前研修会を開催。その後、12月中旬から来年2月中旬まで派遣研修を実施し、2月下旬~3月上旬に研修報告会を行なう。

 三重県は来年5月の「伊勢志摩サミット」開催で注目度が高まっているだけに、これを追い風として食・観光サービス業界を中心に経済の活性化を図りたいところだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  6. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】「もみじ饅頭のお酒」を生み出した広島県中国醸造の社風……ニッチ市場を意外性で盛り上げる

  8. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  9. 武蔵野会朝霞台中央総合病院、移転建替が起工、施工は清水建設

  10. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

アクセスランキングをもっと見る

page top