【回転窓】後輩の指導に必要なのは 画像 【回転窓】後輩の指導に必要なのは

人材

 会社勤めをしていると後輩の指導に当たる機会がしばしば訪れる。記者であれば、取材の仕方や原稿の書き方が代表例である▼自らの経験や知識を基に分かりやすくと心掛けていても、いつの間にか「指導」が「指示」に変わっている。後輩に考える間を与えず、先に「こうしろ」と押し付けてしまうのがお決まりのパターンだ▼人を指導し育てるのは難しい。これが正解という方法もない。考える間がなければ疑問は解消されず、押し付ければ反発が生じる。企業やさまざまな組織が人材育成に腐心するのは、間違いがない唯一無二の手段が存在しないからだろう▼NHKで放送されている「奇跡のレッスン」という番組をご存じだろうか。世界トップクラスのアスリートやコーチが日本の子どもたちを1週間指導するドキュメント。先週末は米プロバスケットボールリーグ(NBA)で活躍した選手が中学生を指導する内容だった▼言葉の壁を越えて子どもたちと正面から向き合い、丁寧に言葉を掛けるコーチの姿。あっという間に絆が太くなる様子を見ていて、自分に足りなかったのは何か、少し分かった気がした。

回転窓/後輩の指導に必要なのは

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  2. ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

    ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

  3. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

    2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

  4. ~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

  5. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第1回 キーマンを招き入れる

  6. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  7. 「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(前編)

  8. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  9. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  10. キリ生産を絶やさぬ。伝統復活へ植栽、福島で始動

アクセスランキングをもっと見る

page top