【回転窓】好奇心を刺激しよう 画像 【回転窓】好奇心を刺激しよう

人材

 子どもたちの発想は大人の想像を超えていて、楽しいものだ。幼稚園のお誕生日会で、先生に将来何になりたいのと聞かれた園児が「鮫になりたい」と答えた▼ほかの園児たちが「お父さんのお嫁さん」「消防士」「サッカー選手」などと答える中、屈託もなく、元気いっぱいに「鮫になりたい」というのだから、こちらも思わず笑みを浮かべてしまう▼全産業で若年労働者の取り合いが始まっている。人材不足が本格化する前に、若年者を確保・育成しようというのは当然の流れだろう。建設業界でも、産・官・学を挙げて、業界紹介パンフレットの作成や見学会、入職後のスキルアップ研修、女性が働きやすい職場環境づくりなど、各種の取り組みが進む。だが、実を結ぶまでには少し時間がかかる▼前出の園児に「なぜ鮫になりたいの」と聞くと、ズボンの鮫の絵を指しながら「これが好きなの」。子どもたちが興味や憧れを抱くきっかけはさまざま。身近なものに対する好奇心は旺盛だ▼建設業界がつくる生産物は子どもたちにとっても身近なものばかり。好奇心を刺激するような仕組みづくりが必要だろう。

回転窓/好奇心を刺激しよう

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

    広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  2. アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

    アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

  3. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

    【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  4. 自治体に欧州の学生を派遣、外国人・若者視点で地域の魅力を発信

  5. 【HJ HJ EYE:7】女性による起業、挑戦すべきは今

アクセスランキングをもっと見る

page top