郵便局で中古車売買! どうなる中古車業界 画像 郵便局で中古車売買! どうなる中古車業界

インバウンド・地域活性

 ガリバーインターナショナルは9日、日本郵便の子会社である郵便局物販サービスとの間で、中古車売買における業務提携を行ったと発表した。

 今回の業務提携により、中古自動車の販売・買取サービスが全国約2万4000の郵便局で展開される。郵便局物販サービスは全国の特産品など、さまざまな商品を郵便局経由でカタログ販売しているが、これを機に中古車の売買サービスへと進出。ガリバーインターナショナルが培ってきたノウハウを活用する。

 一方のガリバーインターナショナルにとっては、現在の全国約480店舗のネットワークを大きく拡大し、これまでサービスが及ばなかった地域も新たな商圏としてカバーすることが可能となる。

 同サービスは2016年2月上旬から、一部地域で開始する予定。全国各地に店舗網が及ぶ巨大な中古車売買サービスの誕生により、中古車業界がどのような影響を受けるか。今後の動きに注視したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  8. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  9. 札幌市・産業共進会場跡地活用、17年2月にも事業者公募

  10. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

アクセスランキングをもっと見る

page top