総務省、マイナンバー通知カードの誤配達などで日本郵政に厳重注意 画像 総務省、マイナンバー通知カードの誤配達などで日本郵政に厳重注意

マネジメント

 総務省は9日、マイナンバー通知カードの誤配達・不正配達などの問題に対し、日本郵便に厳重注意を行った。日本郵便の高橋亨社長にあて、山本早苗総務大臣から、注意を行った。

 10月26日以降、マイナンバー通知カードの誤配達、一時紛失などが発生。11月2日に総務省は、再発防止策を講ずるよう命ずるとともに、全国の郵便局に対する指導徹底の要請を行っていた。

 しかしその後も、誤配達などが9件発生。さらに配達担当者が、マイナンバー通知カードが封入された簡易書留郵便物を受取人に渡さず、自分が署名していたことが発覚している。

 これに対し総務省は、“総務大臣が認可した「郵便約款」の規定に故意に抵触したものと考えられ、書留郵便物を 含む郵便業務に対する貴社への信頼を損なうことになりかねない、きわめて深刻な事案”だと指摘。職員への指導の再徹底、体制の強化を強く求めている。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

    官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

  3. ケーヒンのダウンサイジング直噴ターボ用システム、米ホンダ車に採用

    ケーヒンのダウンサイジング直噴ターボ用システム、米ホンダ車に採用

  4. 【建設業「命」の現場で・21】第4章われらの責任/ウイン・ウインは地域を巡る

  5. 美少女系野菜、キャラクタートラックでPR

  6. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  7. IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

  8. 障害者の雇用義務化、農村・障害者・企業は互いの利益模索へ

  9. 「中小企業の《経営論》」第18回:行動を変えても批判がやまない? その理由

  10. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

アクセスランキングをもっと見る

page top