熊本・第2天草瀬戸大橋、鋼とPC併用の桁橋に形式決定 画像 熊本・第2天草瀬戸大橋、鋼とPC併用の桁橋に形式決定

インバウンド・地域活性

 熊本県は、天草上島と下島を結ぶ本渡道路の1期区間(天草市港町~志柿町東大迫、延長約1・3キロ)の大部分を占める「(仮称)第2天草瀬戸大橋」(延長1148メートル)の構造形式について鋼とPCを併用した桁橋に決定した。海上部は鋼、陸上部はPCを採用し、メーンの主航路部は鋼3径間連続綱床版箱桁橋となる。
 同橋は予備設計業務をオリエンタルコンサルタンツに委託。構造形式の決定に当たっては経済性や構造性、施工性、維持管理、環境性・景観性の5項目で比較検討を行うとともに、地域住民を対象としたオープンハウスを開催し、そこで得られた周辺の眺望への配慮や構造物の圧迫感軽減などの意見も反映した。
 橋梁は全体を6グループに分け、構造形式は起点側から▽PC5径間連続中空床版橋(延長153メートル)▽鋼4径間連続細幅箱桁橋(200メートル)▽鋼3径間連続細幅箱桁橋(175メートル)▽鋼3径間連続綱床版箱桁橋(252メートル)▽PC6径間連続中空床版橋(180メートル)▽同(188メートル)。道路幅員は10・5メートルだが、橋梁部は9・5メートルとなる。
 今後、地質調査などを継続実施し、予算が確保されれば詳細設計に着手する。
 本渡道路は天草市港町から志柿町までの延長約4キロの地域高規格道路で完成2車線、設計速度は時速60キロ。1期区間はこの起点側に当たり、現在は海峡部をまたぐルートが南側の天草瀬戸大橋だけに限定されているため、早期の渋滞解消などを目的に、13年度から先行して整備を進めている。

熊本県/第2天草瀬戸大橋の構造形式決定/鋼とPC併用の桁橋に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 宮城県の松島水族館跡地活用、観光複合施設に/事業者は丸山

    宮城県の松島水族館跡地活用、観光複合施設に/事業者は丸山

  4. 東京圏国家戦略特区の追加へ、提案されたのは歌舞伎町のほかどのエリア?

  5. 東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  7. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  8. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

アクセスランキングをもっと見る

page top