【回転窓】公助を補う共助を支える 画像 【回転窓】公助を補う共助を支える

インバウンド・地域活性

 東京都内で行われたマンション耐震セミナーを訪れると、管理組合の幹部で席が埋まっていた。東日本大震災以降、建築物の防災に対する関心はやはり高まっているのだろう▼東京都の集計によると、都内の特定緊急輸送路沿いの建物の耐震化率は8割を超えたが、セミナーでは多くのマンションで耐震化が進んでいない現状が報告された。インフラの老朽化が急速に進む現状を考えても、都市防災は脆弱と言わざるを得ない▼政府の中央防災会議は、首都圏で震度6強の地震が発生した場合、都内の焼失・倒壊家屋は最大27万棟に上ると推定する。これに対し、東京を守る東京消防庁が所管する消防車、救急車は全部合わせても約1900台しかないそうだ▼ある大手デベロッパーの幹部は「民間が開発した街には公設消防隊の手は回ってこない。共助の精神で守ることが求められる」と話す。人口1000万を超す東京の防災・減災は行政に頼る公助だけでは限界がある▼公助を補うのは、民間の企業や住民らが互いに助け合う共助。共助を支える上で防災・減災分野の知見を持つ建設業の役割はますます大きい。

回転窓/公助を補う共助を支える

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 富裕層インバウンドの法則その4

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top