【回転窓】公助を補う共助を支える 画像 【回転窓】公助を補う共助を支える

インバウンド・地域活性

 東京都内で行われたマンション耐震セミナーを訪れると、管理組合の幹部で席が埋まっていた。東日本大震災以降、建築物の防災に対する関心はやはり高まっているのだろう▼東京都の集計によると、都内の特定緊急輸送路沿いの建物の耐震化率は8割を超えたが、セミナーでは多くのマンションで耐震化が進んでいない現状が報告された。インフラの老朽化が急速に進む現状を考えても、都市防災は脆弱と言わざるを得ない▼政府の中央防災会議は、首都圏で震度6強の地震が発生した場合、都内の焼失・倒壊家屋は最大27万棟に上ると推定する。これに対し、東京を守る東京消防庁が所管する消防車、救急車は全部合わせても約1900台しかないそうだ▼ある大手デベロッパーの幹部は「民間が開発した街には公設消防隊の手は回ってこない。共助の精神で守ることが求められる」と話す。人口1000万を超す東京の防災・減災は行政に頼る公助だけでは限界がある▼公助を補うのは、民間の企業や住民らが互いに助け合う共助。共助を支える上で防災・減災分野の知見を持つ建設業の役割はますます大きい。

回転窓/公助を補う共助を支える

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

アクセスランキングをもっと見る

page top