全国初、新潟県長岡市がタニタ監修の給食メニューを採用 画像 全国初、新潟県長岡市がタニタ監修の給食メニューを採用

インバウンド・地域活性

 新潟県長岡市立の小中学校全87校で、タニタの監修する「タニタ食堂給食メニュー」が採用される。11月以降に各校1回ずつ提供される予定。

 タニタは2014年から長岡市の推進する「長岡市多世代健康まちづくり事業」に参加しており、市民向けの健康セミナーなどを開催してきた。今回の給食メニューも健康まちづくり事業の一環で、タニタ監修による給食メニューの提供は全国初の試みとなる。

 提供されるメニューは小学校向けが”鶏肉のごまごま焼き”、”タニタ風ごぼうとにんじんのしりしり”などを取り込んだ「鶏肉のごまごま焼き給食」。中学校向けが”れんこんバーグ”、”ひじきとさつま揚げの煮物”などを入れた「れんこんバーグ給食」となる。

 長岡市の特産品であるれんこんなど、食感を重視した食材選びを行っているのがタニタ食堂ならではの特徴。野菜をやや大きめにカットしたり、固めに茹でたりと、食感を楽しめるよう調理法にも工夫を加えている。

 また、タニタ食堂の成人向けメニューは1食500kcal、塩分3g以下となるレシピになっているが、小中学生向けにややカロリーの多い内容にアレンジしているとのことだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  3. 大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

    大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  6. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  7. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  8. パリに勝てるか? カジノはどうなる? 大阪府ら25年万博誘致へ

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

アクセスランキングをもっと見る

page top