インドネシアで電子書店「MangaMon(マンガモン)」がオープン 画像 インドネシアで電子書店「MangaMon(マンガモン)」がオープン

ライフ

電子書店「MangaMon(マンガモン)」がオープン
11月1日、インドネシア向けの電子書店「MangaMon(マンガモン)」がオープン。

これは電子書籍を販売する株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン(eBookJapan)がコンパス・グラメディアグループ傘下のELEX社、M&C社と提携したことによるもの。

ELEX社、M&C社は、インドネシアにおける日本の漫画の約8~9割を販売している。この提携により、海賊版でない正規のルートでインドネシア語に翻訳された日本マンガを提供できる。

まずは、ドラマ化が話題のなった『エンジェル・ハート』をはじめ、25タイトル179冊からスタートさせる。今後、大手出版社とも連携してラインナップを充実させていく計画だ。

多彩な決済手段は、クレジットカード、携帯電話経由、ネット銀行など。またコンビニエンスストアとATM振り込みなどのリアル決済も可能となっている。

エンターテイメントプラットフォームを目指す
メディア、出版事業者、大手ゲーム会社などとも連携して様々なキャンペーンやイベントも開催していく。また、日本ポップカルチャーの海外発信を積極的に行っていく方針。インドネシアにおける「エンターテイメントプラットフォーム」となることを目指す。

うれしいサービス
本の購入やアンケートへの回答、レビュー投稿に対しての「いいね!」クリックなどでリワードポイントが貯められる。このポイントで豪華賞品と交換できるサービスも用意させれている。

(画像はプレスリリースより)

電子書店「MangaMon(マンガモン)」がオープン

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【回転窓】使い道のない空き家

    【回転窓】使い道のない空き家

  2. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

    全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

アクセスランキングをもっと見る

page top