ミャンマー総選挙を日本政府が支援、開票作業にソーラーランプを供与 画像 ミャンマー総選挙を日本政府が支援、開票作業にソーラーランプを供与

海外進出

「2015年ミャンマー総選挙支援計画」の一環
日本政府は11月8日にミャンマーで行われる総選挙に向け、ミャンマーの選挙管理委員会に開票作業を支援するための「ソーラーランプ」を51,298個供与した。

これは無償資金協力「2015年ミャンマー総選挙支援計画」の一環で、国連開発計画(UNDP:United Nations Development Programme)と連携し、ミャンマー国内で電力が安定的に供給されない25,649の投票所にランプを供与。

10月30日にはソーラーランプ引渡式が開催され、樋口建史駐ミャンマー特命全権大使をはじめ、ティン・エー連邦選挙管理委員会委員長やトイリー・クルバノフUNDPミャンマー事務所長が出席した。

自由で公正な選挙の実施を支援
8日に行われる総選挙は、民主化の規範となる極めて重要なもの。自由で公正な選挙の実施は信頼性と透明性の確保が必須である。

また、民政移管後初の総選挙ということもあり、世界からの注目度も高い歴史的な選挙でもある。

このような背景から、日本政府はミャンマー全土で迅速かつ信頼性と透明性のある開票作業が可能となるよう、「ソーラーランプ」の供与を実施した。

また、選挙実施のために必要な物品の供与にとどまらず、笹川陽平ミャンマー国民和解担当日本政府代表率いる日本政府選挙監視団が選挙監視活動を行い、自由で公正な選挙の実施を支援。

さらに、「二重投票防止のための特殊インク」の供与に関しても、UNDPを通じて一部資金拠出を行っている。

歴史はどう動くのか?ミャンマー総選挙の動向に注目が集まる。

(画像は在ミャンマー日本国大使館より)

【ミャンマー総選挙】日本政府が開票作業支援にソーラーランプを供与

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

    NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  4. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  5. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  6. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  7. 岩手県で鉢物リンドウの知財権をEUに輸出、収入は品種改良に

アクセスランキングをもっと見る

page top