【ビジネスEXPO】スマホ・クラウド活用でローコストバス運行情報システム

IT業務効率

旭川電気軌道の制服姿でブースに立つ越後氏
  • 旭川電気軌道の制服姿でブースに立つ越後氏
  • 運転手は一日の業務を開始する際に番号を入力するだけ
  • バスに搭載する運転手用のタブレット
  • 市民は自分がよく使う路線をマイバスに登録
  • 遅延中のバスは黄色く表示される他、到着予定の通知機能も
  • パネル
 バス会社の制服姿で運行情報発信システムを紹介していたのはメディア・マジックだ。路線バスの時刻表を閲覧できるオンラインサービスは全国の主要エリアで数多く提供されているが、リアルタイムな遅延状況などを確認できるサービスはまだ少ない。

 従来はこれらを把握するための専用端末やバス停などに表示する場合はそのシステムの構築・運用に高額なコスト負担が必要だった。バスキタは11月より、琴似地区(札幌)と旭川で実証実験を開始しており、降雪によるダイヤの乱れが気になる市民にとって便利なツールとなりうる。

 市販のタブレット端末を車内に搭載することにより、GPSを用いたバスの位置情報を乗客側のスマホなどに表示する。昨今のモバイル通信エリアの拡大や低料金化も追い風となり、大都市に限定されない全国のローカル路線での採用も期待される。

 ゲームアプリやモバイルコンテンツ制作で培った経験で、スマートデバイスに不慣れなユーザーにも親しみやすいユーザーインターフェースを開発できたとコンテンツ開発本部次長の越後智介氏は語る。

【ビジネスEXPO】バスの運行情報システムをローカル路線に拡大

《上田》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  4. 大林組がIoT活用のシャツ型センサータイムリーに体調管理

  5. VRによるショッピングの未来、VRコマース

  6. 首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検

  7. 3Dプリンターでコンクリの大型建築物部材を製作!

  8. スマートロックのQrioとアパマンショップリーシングが提携…民泊活用

  9. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  10. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

アクセスランキングをもっと見る

page top