パイオニア、インドネシアに販売法人…東南アジアの市場をにらみ 画像 パイオニア、インドネシアに販売法人…東南アジアの市場をにらみ

海外進出

現地法人「PT PIONEER ELECTRONICS INDONESIA」設立
カーエレクトロニクスを柱とし他事業を展開するパイオニア株式会社は10月21日、発展著しい東南アジア各国へのさらなる販売体制の強化を目指し、販売現地法人「PT PIONEER ELECTRONICS INDONESIA」を設立したと発表。

東南アジアでの自動車メーカー向け販売に注力
近年各自動車メーカーがインドネシアに相次いで進出しており、自動車の販売において増え続ける東南アジア地域の中でも、最大のマーケットとなると予想されている。

そのインドネシアのマーケットに、販売強化を目的とした現地法人を設立することにより、各自動車メーカー向けとなるビジネス展開に注力でき、東南アジア地域に対する事業の拡大に寄与することとなる。

パイオニアが目指す東南アジアの販売強化
同社では、シンガポールに東南アジアにおいての初の現地法人となる、統括管理及び製造販売会社「Pioneer Electronics Asiacentre Pte. Ltd.」を1992年に設立、以後タイやマレーシアそしてインドと、順に販売会社を設立している。

さらに2012年10月にはインドネシアに駐在員事務所を設立、2013年には同社製品の現地生産を、インドネシアのEMS(電子機器などの受託生産サービス)生産企業と提携し生産を開始している。こうして同社は東南アジア地域においての販売と生産体制を広く展開してきた。

(画像はパイオニア株式会社より)

東南アジアの市場をにらみ、インドネシアに販売法人設立

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

    パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

  2. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

    スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. 日産がミャンマーで「サニー」の生産開始、市場拡大へ

  5. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

  6. クアラルンプールの「ジャパンストア」、2月レストランフロアをオープン

  7. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  8. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  9. コマツ、現地製品企画強化でアジア開発センターを設立

  10. 三洋化成がマレーシアに新拠点…紙オムツ、東南アジアで需要拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top