パイオニア、インドネシアに販売法人…東南アジアの市場をにらみ 画像 パイオニア、インドネシアに販売法人…東南アジアの市場をにらみ

海外進出

現地法人「PT PIONEER ELECTRONICS INDONESIA」設立
カーエレクトロニクスを柱とし他事業を展開するパイオニア株式会社は10月21日、発展著しい東南アジア各国へのさらなる販売体制の強化を目指し、販売現地法人「PT PIONEER ELECTRONICS INDONESIA」を設立したと発表。

東南アジアでの自動車メーカー向け販売に注力
近年各自動車メーカーがインドネシアに相次いで進出しており、自動車の販売において増え続ける東南アジア地域の中でも、最大のマーケットとなると予想されている。

そのインドネシアのマーケットに、販売強化を目的とした現地法人を設立することにより、各自動車メーカー向けとなるビジネス展開に注力でき、東南アジア地域に対する事業の拡大に寄与することとなる。

パイオニアが目指す東南アジアの販売強化
同社では、シンガポールに東南アジアにおいての初の現地法人となる、統括管理及び製造販売会社「Pioneer Electronics Asiacentre Pte. Ltd.」を1992年に設立、以後タイやマレーシアそしてインドと、順に販売会社を設立している。

さらに2012年10月にはインドネシアに駐在員事務所を設立、2013年には同社製品の現地生産を、インドネシアのEMS(電子機器などの受託生産サービス)生産企業と提携し生産を開始している。こうして同社は東南アジア地域においての販売と生産体制を広く展開してきた。

(画像はパイオニア株式会社より)

東南アジアの市場をにらみ、インドネシアに販売法人設立

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

    不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  3. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  4. 岩手県で鉢物リンドウの知財権をEUに輸出、収入は品種改良に

  5. 【時事エッセイ】バンコクで発見した、日本発インフラのクオリティ

  6. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  7. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  8. インドネシア初の地下鉄工事本格化…「世界最悪」渋滞解消めざす

  9. LL牛乳が香港に照準、アジアで有利販売が見込めるか!?

  10. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

アクセスランキングをもっと見る

page top