アジア人/ムスリム接客セミナー 11月16日 画像 アジア人/ムスリム接客セミナー 11月16日

人材

企業の人事・人材育成・グローバル担当者が対象
人材育成事業、セミナープロデュース事業などを手掛けるBrew株式会社は、2015年11月16日(月)14:00~15:30に企業の人事部、人材育成担当、グローバル担当者を対象とした「インバウンド接客対応~アジア人/ムスリム客 接客対応研修」無料紹介セミナーを実施することを発表した。

Brew株式会社は急増するアジアからの観光客に対応することを目的とした接客対応力向上の研修の提供を決定しており、その説明の場として開催されるセミナーだ。場所は東京都中央区の銀座アントレサロン、 定員は最大15名、参加希望者はセミナーサイトより申し込みを行う。

セミナーでは、インバウンド接客対応研修の特徴と概要の他、日本人とはまったく違う外国人客の特性 、外国人客の接客不満要因、言葉が通じなくても接客できる方法、中国人客を含む外国人のマナー違反を減らす方法などを学ぶことができる。なお、個人での参加は不可となっている。

語学力だけでは不十分なインバウンド客の接客対応
観光庁の発表によると、2014年度の外国人客は1,341万人にも達し、2020年にはほぼ倍の2,500万人を見込んでいる。国籍別に見ても中国をはじめ、台湾、タイ、インドネシアなど様々な国から観光客が日本に訪れており、国籍ごとに「訪問したい場所」「日本でしたいこと」が異なる。

よって、接客をする際には、語学が堪能であることだけでは不十分で、相手の国の特性・風習や、買い物における満足ポイントなどを理解したうえでの多様な対応力が求められる。

研修では、大手メーカーで現地駐在の経験があり、独立後は中国・ASEANなど58カ国5,000人以上への指導経験がある講師が、自らの経験と留学生と長年膝を突き合わせてきた実例なども交えて、より満足度の高いインバウンド客への接客対応方法を提供する。

(画像はプレスリリースより)

「インバウンド接客対応~アジア人/ムスリム客 接客対応研修」無料紹介セミナーを実施

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

    ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

  2. 国交省の毛利信二事務次官が就任会見/働き方改革、担い手の確保や生産性向上を

    国交省の毛利信二事務次官が就任会見/働き方改革、担い手の確保や生産性向上を

  3. 石井啓一国交相、建設業の長時間労働の是正推進/厚労省の官民協議会も対応要請

    石井啓一国交相、建設業の長時間労働の是正推進/厚労省の官民協議会も対応要請

  4. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  5. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  6. 個人の健康診断結果に合わせた情報発信……KenCoM

  7. フジタ道路の社長に杉本卓嗣専務昇格。4月1日就任

  8. 【HANJO女子】お客さんが満足してくれるのが一番のやりがい

  9. ~HANJO女子~橋梁工事は1ミリを大事にする仕事/三井住友建設 鶴見知香さん

  10. 【HJ HJ EYE:2】進む農業の法人化、必要とされる人材とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top