【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(3)】番号制度担当室長が語る本音! 画像 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(3)】番号制度担当室長が語る本音!

制度・ビジネスチャンス

マイナンバーの深層・真相・新相について、さまざまな業界の識者やオピニオンリーダーにご意見をうかがう本企画。第3回目は、マイナンバー制度設計の本丸である内閣府 大臣官房番号制度担当室長 内閣官房 内閣審議官の向井治紀氏に、マイナンバー制度に対して喧伝されている誤解について、本音の話をうかがった。本企画のモデレーターには2回目と同様に、レピダムの林達也氏が務めた。

■通知カード、マイナンバーカード、公的個人認証の誤解を解く

林:これまでマイナンバー制度について、ネガティブな報道が多かったようですが、この連載では本音の話をうかがいたいと思っています。特にマイナンバーの利活用が、いまでも多くの人に伝わっていないと感じています。今後どのような活用が考えられますか?

向井:誤解されているのが、マイナンバー制度そのものと、それに付随するカードや公的個人認証の話が混同して語られていることです。マイナンバーそのものは、公的な番号なので、端的には役所に対する書類関係のみで使うものです。中小企業や個人事業主は、税・社会保障関連、たとえば源泉徴収や社会保険など従来の書類にマイナンバーを加えて提出することになります。一方、行政側はマイナンバーで手続きの効率化が行えます。国民は申請手続きの利便性を享受できます。これがマイナンバー制度そのものの話です。

 一方で、利活用の話はマイナンバーカードに付随する「公的個人認証」を民間に公開することから派生するものです。これにより民間企業は、インターネットで個人認証などが行えるようになります。企業側の論理は、マイナンバーカードが普及するならば、公的個人認証を使ったサービスを広げていきたいという話です。現実に利用するのは大企業でしょうが、たとえばコンビニ業界や関連の中小企業にも活用範囲が広がるかもしれません。

林:そうですね。混乱の原因は個人番号と、通知カード、マイナンバーカード、公的個人認証がすべて同時に語られている点ですね。事前の準備段階の通知カードの扱いから混乱しています。企業が最初にマイナンバーを扱うのは通知カードの状態からです。そこで通知カードからマイナンバーカードに至る過程について教えてください。
《井上猛雄》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  2. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  3. 地域公共交通活性化再生法制定から10年、次に目指すべきテーマとは?

    地域公共交通活性化再生法制定から10年、次に目指すべきテーマとは?

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  6. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  7. ~健康経営が生む新ビジネス:2~トップ営業に意外なニーズが

  8. 西新宿五丁目再開発、160メートルのビルやコミュニティー広場も

  9. 16年の新設住宅着工、6.4%増、低金利が戸数押し上げ

  10. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

アクセスランキングをもっと見る

page top