愛知県西三河地区のきゅうり部会キャラ、LINEスタンプに 画像 愛知県西三河地区のきゅうり部会キャラ、LINEスタンプに

インバウンド・地域活性

 愛知県のJA西三河、JAあいち中央管内のキュウリ生産者でつくる西三河冬春きゅうり部会のマスコットキャラクター「きゅりん。」が、スマートフォン(多機能型携帯電話)向け通信アプリ「LINE(ライン)」に登場した。描いたのは西尾市一色町の部会員、織田和弘さん(37)。産地のPRを目的に企画した。

 スタンプは40個の絵柄入りで価格は50コイン(120円相当)。「おはよう」「お疲れ―」「よろしくお願いします」などの標準的な絵柄に加え、「やろまい!(やりましょう!)」「わや(めちゃくちゃな状態)」「だら?(そうでしょ?)」「元気だしん。(元気を出して)」など三河弁のスタンプもある。

 部会では昨年12月から「きゅりん。」を利用したPRのため、部会内にキャラクター利用委員会を設置。これまでに、部会員向けのTシャツやポロシャツ、売り場向けポスター、ミニのぼりなどを製作した。織田さんは「スタンプを通して『きゅりん。』と西三河のキュウリのことを多くの人に知ってもらいたい」とアピールする。

きゅうり部会キャラLINEスタンプに 愛知県西三河地区

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  4. ~着地型観光:2~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  5. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  8. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 「フォーシーズンズホテル京都」がオープン、4年以内に沖縄も!

アクセスランキングをもっと見る

page top