【ビジネスEXPO】全国ヒットとなった大根洗浄マシン 画像 【ビジネスEXPO】全国ヒットとなった大根洗浄マシン

インバウンド・地域活性

 大根の洗浄マシンを展示デモしていたのは旭川市のエフ・イーだ。

 同社の佐々木通彦社長は「大根の葉をつけたまま洗浄できるということでヒット作となった」と自信を見せる。実は大根の洗浄でまず大切なのは、傷をつけないこと。傷がついてしまうとスーパーで黄色く変色してしまう。また、最近では健康食ブームで大根の葉の栄養も重視されており、葉付大根を出荷する必要がある。この葉をつけたまま傷をつけずに…とうのが難しい。展示されていた機械は、大根を回転させながら水圧で洗浄していくものだが、洗浄ブラシの先端に水膜をつくることで、ブラシが直接大根に触れることを防ぎ、傷がつかないように配慮している。

 機械は北海道だけでなく、全国区で売れている。「夏場は北海道ですが、これからは関東、さらには九州が収穫の時期になります。販売が全国区となったおかげで、北海道にない農作物用の機械も作っています」と佐々木佐長は話す。

 同社では洗浄の技術のほかに、皮むき技術ももっている。その技術は農作物ごとに違うという。「例えばニンジン。ニンジンは薄い皮を一枚かぶっています。この皮をむく洗浄をしなければいけません」とのこと。

 じゃがいもの皮むき機「薄むき名人」「玉ねぎ選別機」などを販売している。

 もともと同社はベニアの合板のプレス機を扱っていた、しかし安い合板がアジアから輸入されるよになり、国内メーカーの需要が低減。そのなかで農作物の洗浄に目を付けたことで、全国区に成長したという。

【ビジネスEXPO】大根洗浄マシンで北海道・旭川から全国区に

《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

    東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  2. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

    ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 【インバウンド向けホステル浸透中!:1】個人旅行の格安ニーズをつかむ!

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 広がる宇宙ビジネスは中小企業のフロンティア…グローバル・ブレイン

  10. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

アクセスランキングをもっと見る

page top