グローバル化を推進……東工大が主要科目講義を英語化 画像 グローバル化を推進……東工大が主要科目講義を英語化

人材

 東京工業大学大学院生命理工学研究科は2016年4月から、修士課程の主要科目の講義を英語で行う。集中科目や研究室指導を除く16科目が対象だ。同大はグローバル化の推進を目的に、全学的な講義の“英語化”を19年度末までに実施するとしており、その先駆けとして生命理工学研究科で取り組んでいく。

 英語で講義するのは、「分子細胞生物学」「応用生体材料工学」「生物計算科学」「環境微生物学」など選択(選択必修含む)の専門科目。従来は留学生向け以外の授業の場合、日本語で講義していた。来年度からは留学生と日本人学生がともに英語で講義を受ける。

 学外講師による集中講義や論文執筆法、インターンシップ(就業体験)などの科目は日本語で講義を行う。一方、研究室での研究指導やセミナーに関しては、留学生に合わせてすでに英語化を進めている。

 講義の英語化は一般に、対応可能な日本人教員が少ないことや、日本語による講義に比べてレベルが下がるなどの課題がある。東工大は16年度に学部・大学院を統合した「学院」制度を全学で導入。国際化を主な目的とするため、講義の英語化も重視している。

東工大、主要科目講義を英語化

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 建設現場の週休2日、労組も活動強化/土曜を当たり前に休もう!

    建設現場の週休2日、労組も活動強化/土曜を当たり前に休もう!

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. 17年春新卒採用、建機メーカーはほぼ横ばい。建機レンタルは微増傾向

    17年春新卒採用、建機メーカーはほぼ横ばい。建機レンタルは微増傾向

  4. 社員が異業種の別会社へインターン、「大人の武者修行」の成果とは

  5. 建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

  6. 刑務所出所者の建設業への就職支援、拡大へ

  7. 【今週のエンジニア女子】モデル経験のあるエンジニア……村田千紘さん

  8. 事業承継の2017年問題:2 経営改善に取り組むのが先決

  9. 「安心・安全コスメ」の市場、拡張の期待大!

  10. “世界最高のモチベーションカンパニー”を目指した健康経営の取り組みとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top