東洋建設、自航式多目的船の建造が本格化

マネジメント

 東洋建設が進めている自航式多目的船の建造が本格化してきた。10月29日に起工式を行い、鋼材の溶接が始まった。全長89・9メートル、全幅27メートル、深さ5メートルの規模で、最新鋭の定点保持機能(ダイナミックポジションシステム)を搭載し、潮流が強い海域に加え、強風時にも安定を維持できるのが特徴。3カ月程度の遠洋作業に対応可能な航海能力を備える。排他的経済水域や遠隔離島などの工事に配備するほか、港湾工事でも活用していく。16年8月の完成を目指している。
 同社は3月に新造船の計画を発表した。最大積載荷重は3500トン(常用時2800トン)、推進装置は出力1471キロワットの全旋回式2基で、約12ノットのスピードが出る。
 バウスラスターは出力506キロワットの昇降式全旋回式2基、補助スラスターは出力330キロワットのトンネル式1基を備える。搭載するクレーンは、最大つり能力500トン。
 デッキスペース(925平方メートル、居住区域(最大搭乗人員52人)を広く確保するとともに、海水を淡水化する装置を設けるなど、陸から遠く離れた海域での作業をサポートするためのさまざまな対策を講じている。
 岡山県倉敷市のサノヤス造船水島製造所で行われた起工式には、関係者が多数出席。東洋建設の武澤恭司社長、サノヤス造船の上田孝社長がボタンを押すと、自動溶接機による最初の溶接作業が始まった。東洋建設が大型作業船を建造するのは14年ぶりとなる。

東洋建設/自航式多目的船建造が起工/遠隔離島配備、3カ月の遠洋作業可能に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

    日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  2. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

    栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  3. 【回転窓】週休2日への本気度

    【回転窓】週休2日への本気度

  4. 総務省「ICTドリームスクール実践モデル」の提案公募開始、採用予定は10モデル程度

  5. 活用進まない「改正マンション建て替え円滑化法」 実態を調査へ

  6. 「予約忘れ」も理由の8.9%――店舗を悩ませる「予約キャンセル」の調査結果発表

  7. 少額投資で実施可能!中小企業向け「人材育成クラウドサービス」

  8. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  9. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  10. 鹿児島県薩摩川内市、コンベンション施設の基本計画・設計に着手

アクセスランキングをもっと見る

page top