福岡市、美術館リニューアル事業で大林組らのグループを落札者に決定

インバウンド・地域活性

 福岡市は、PFIで行う「福岡市美術館リニューアル事業」の一般競争入札(WTO対象)で3グループの入札書類を審査し、大林組を代表企業とするグループを落札者に決定した。落札価格は99億8826万5358円。グループ構成などは客観的評価結果や審査講評と併せて後日公表する。
 同事業の対象施設の規模はRC造2階建て延べ1万4526平方メートル(79年開館)。場所は中央区大濠公園1の6。リニューアルのコンセプトは「つなぐ、ひろがる美術館を目指して」。建築家の前川國男氏が設計を手掛け耐震性などに問題はないため、建築意匠を後世に継承する形で収蔵・展示環境の再生、市民の創造・発表・学習・交流機能の充実、利便機能の魅力向上、人々を誘う機能の強化を行う。
 事業方式はRO方式。事業範囲は▽設計・建設(実施設計、改修工事など)▽開館準備(リニューアル広報、収蔵品情報システム開発など)▽維持管理(建物・設備の保守管理、清掃、警備など)▽運営(利用者対応、広報・集客、飲食施設・ショップの運営など)。18年9月までに設計・改修を進め、開館準備を経て19年3月に開館、34年3月まで維持管理・運営を行う。

福岡市/美術館リニューアルPFI(中央区)/大林組らのグループに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 千葉市新庁舎整備、延べ4.9万平米、敷地南側にL字型配置

  8. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  9. ボーイングと直接取引する長野の多摩川精機、民間機事業の売上3倍へ

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top