福岡市、美術館リニューアル事業で大林組らのグループを落札者に決定

インバウンド・地域活性

 福岡市は、PFIで行う「福岡市美術館リニューアル事業」の一般競争入札(WTO対象)で3グループの入札書類を審査し、大林組を代表企業とするグループを落札者に決定した。落札価格は99億8826万5358円。グループ構成などは客観的評価結果や審査講評と併せて後日公表する。
 同事業の対象施設の規模はRC造2階建て延べ1万4526平方メートル(79年開館)。場所は中央区大濠公園1の6。リニューアルのコンセプトは「つなぐ、ひろがる美術館を目指して」。建築家の前川國男氏が設計を手掛け耐震性などに問題はないため、建築意匠を後世に継承する形で収蔵・展示環境の再生、市民の創造・発表・学習・交流機能の充実、利便機能の魅力向上、人々を誘う機能の強化を行う。
 事業方式はRO方式。事業範囲は▽設計・建設(実施設計、改修工事など)▽開館準備(リニューアル広報、収蔵品情報システム開発など)▽維持管理(建物・設備の保守管理、清掃、警備など)▽運営(利用者対応、広報・集客、飲食施設・ショップの運営など)。18年9月までに設計・改修を進め、開館準備を経て19年3月に開館、34年3月まで維持管理・運営を行う。

福岡市/美術館リニューアルPFI(中央区)/大林組らのグループに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

    越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  7. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top