東京・銀座で和歌山県産農産物を“体感”できるイベント開催 画像 東京・銀座で和歌山県産農産物を“体感”できるイベント開催

インバウンド・地域活性

 東京の銀座三越にて11月15日と16日の2日間、和歌山県の農産物の魅力をPRする「ココ・カラ。和歌山 in 銀座三越」が開催される。主催はJAグループ和歌山と和歌山県。

 和歌山県産の農産物を通じて「健康・美容・元気」を発信するという同イベント。会場では特産品の販売コーナーや、和歌山の野菜を実食できる「ココワ・カフェ」などを展開。「ココ・ワカ ミニステージ」と題したワークショップコーナーでは、和歌山県産のみかんの皮を使った「クリスマスオーナメント作り」など、特産品を食べるだけではなく参加者に体感して楽しんで貰うという。

 12日にはオープニングセレモニーを開催。和歌山県の仁坂吉伸知事によるトップセールスや、同イベントの空間演出を手掛ける木村貴史氏による「和歌山の花や果物を使用したフラワーアートデモンストレーション」が行われる。

 昨年、国内旅行の伸び率で全国2位となった和歌山県(楽天トラベル調べ)。同県の様々な名産品を都内で体感できる同イベントにも注目が集まりそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  5. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  6. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 野菜茶業研究所が“人工土壌”を開発!多孔質素材で微生物活性化、地力回復など応用に期待

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

アクセスランキングをもっと見る

page top