東京・中野サンプラザに24時間利用可能なビジネスセンター誕生 画像 東京・中野サンプラザに24時間利用可能なビジネスセンター誕生

インバウンド・地域活性

 東京都中野区の中野サンプラザに、24時間利用可能なビジネスセンター「リージャス中野サンプラザビジネスセンター」がオープンした。運営は日本リージャス株式会社(東京都新宿区区)。

 中野サンプラザ9階に、ワークステーションや会議室などを設けた同センター。日本リージャスによれば、高速インターネット回線やビジネスラウンジを備えているため、オフィスとしてだけでなくショップのバックオフィスや研修用オフィス、採用の面接会場としてのサポートにも適しているという。なお、オフィスは24時間利用可能だが、ビジネスラウンジとレンタル会議室の利用は8時30分~18時までとのことだ。

 中野という地域に関して、同社代表取締役の西岡真吾氏は「中野駅周辺の大規模な再開発も予定されており、今以上にさまざまなビジネスの拠点や交流点となる可能性が高いと考えています」と話している。2020年の東京オリンピックを控えた、多くの新築ビルが建設をスタートしている中野駅前。サブカルチャーの街として親しまれる中野のビジネス街化が、今後加速しそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  4. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  5. ~着地型観光:2~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

  8. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  9. 「フォーシーズンズホテル京都」がオープン、4年以内に沖縄も!

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top