愛知県春日井市ら、空き家対策で高蔵寺ニュータウン再生へ 画像 愛知県春日井市ら、空き家対策で高蔵寺ニュータウン再生へ

インバウンド・地域活性

 愛知県春日井市(伊藤太市長)、都市再生機構中部支社(渡辺恵祐支社長)、春日井商工会議所(松尾隆徳会頭)、大垣共立銀行(土屋嶢会頭)の4者は2日、同市役所で会見し、高蔵寺ニュータウンの居住促進へ向けた連携策を発表した。都市機構賃貸住宅の家賃割引制度拡大、空き家住宅の流通システム構築、地域限定住宅ローンなどを展開し、少子高齢化に対応したニュータウンの再生を図る。
 わが国三大ニュータウンの一つとして開発された「高蔵寺」は、入居開始から約50年が経過し、世代の高齢化、人口減少、空き家増加などの課題が浮き彫りになっている。このため市は、昨年3月の都市機構を皮切りに民間と協定を結び、ニュータウンの居住促進策を検討してきた。
 都市機構が新たに打ち出したのは「近居割ワイド」。子育て世帯と高齢者世帯など2世帯がニュータウン内で近居する場合、UR賃貸住宅家賃を5年間にわたって5%割り引くサービス。従来の「近居割」を拡大し、中部支社では唯一、同ニュータウンに適用した。
 春日井商工会議所は、一戸建て住宅などを対象に「空き家バンク」を開設し、流通を促進する。会議所会員の建築業者がバンクに登録された空き家のリノベーション案をホームページ上で紹介、不動産業者が所有者と購入者等を仲介し、建築士や建築工事業者がリノベーションを担当する仕組み。空き家の流通促進とともに、市内建築関係業者の活性化も狙っている。16年2月にシステムを本格稼働させる予定。
 大垣共立銀行は、ニュータウン限定の「低金利住宅ローン」「空き家対策ローン」を新設する。
 伊藤市長は「緑が多く、道路などのインフラも充実しているニュータウンの特徴を生かし、新たな“創生”を図るため4者が連携、具体策をまとめた。さらに、JR高蔵寺駅周辺も含めた“未来プラン”を策定し、まちづくりを推進していく」と話した。

愛知県春日井市ら4者/高蔵寺NT再生で連携/空き家対策や限定住宅ローン展開

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 「新あいち創造研究開発補助金」に採択された大企業17社、中小企業61社、事業の内容は?

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 渋谷区宇田川町計画(大規模複合ビル)、井の頭通りが変わるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top