【HANJO女子】国土交通省近畿地方整備局用地部・北村英子さん 画像 【HANJO女子】国土交通省近畿地方整備局用地部・北村英子さん

人材

 ◇もっと勉強し専門知識増やす
 近畿地方整備局に入ったのは01年。当時は道路や河川といった公共事業に特別な思いはなかったが、面接官の人柄や職場の雰囲気の良さに心を引かれ、「この職場なら安心して楽しく働ける」と確信したという。
 総務部総務課を皮切りに、出先事務所で用地関係の仕事などに携わり、4月からは本局の用地対策課で事務所の用地担当課を指導する仕事を主に担当している。
 特に印象に残る仕事が事務所時代に経験した用地交渉だ。「事業推進の第一歩となる縁の下の力持ち的な仕事だと分かっていても、地権者から『この地で一生暮らしたい』と懇願されると、事業を中止してあげてほしいと同情してしまい、つらかった」と正直な気持ちを打ち明ける。
 初めて仕事の厳しさを感じたが、「何度も足を運んでいるうちに、地権者の方が希望を抱き、移転先で新たな一歩を踏み出そうという姿勢に変わってくると、本当にうれしかった」と振り返る。
 今年4月から3年ぶりに用地関係の部署に配属。「用地の仕事は非常に奥が深く、あらゆる専門知識が求められる。今でも先輩に助けられてばかり」と未熟さを痛感している。「もっと勉強して知識を増やし、何でも自分自信で判断できるようになりたい」。
 最近、同世代の女性が仕事と子育てを両立して頑張っている姿に憧れを感じるという。「私も早く『両立して頑張っていますよ』と言いたいですね」。
 (用地対策課業務調整第二係長、きたむら・ふさこ)

凜/国土交通省近畿地方整備局用地部・北村英子さん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ~社内コミュニケーションの秘訣~すべてはカンナがけから始まった/アキュラホーム

    ~社内コミュニケーションの秘訣~すべてはカンナがけから始まった/アキュラホーム

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 「中小企業の《経営論》」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

    「中小企業の《経営論》」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

  4. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  5. 儲かっている会社=信頼関係のある会社

  6. 銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

  7. 操縦前に読みたい「ドローンの教科書」発売! 改正航空法に対応

  8. ~HJ HJ EYE:1~嘉悦大学はなぜ、中小企業を徹底研究するのか?

  9. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

  10. i-Con中部サポートセンター、初の女性技術者体験セミナー開く

アクセスランキングをもっと見る

page top