電子部品大手は今期業績上振れ、中国向けスマホ「減速感なし」 画像 電子部品大手は今期業績上振れ、中国向けスマホ「減速感なし」

マネジメント

 電子部品5社の2016年3月期連結業績見通しは、スマートフォン向けの需要が引き続き拡大し、各社とも好調に推移する見通しだ。村田製作所、アルプス電気が15年4―9月期決算で上方修正し、予想を据え置いたTDK、日本電産も業績は上振れ気味。スマホ市場の成長鈍化が懸念されつつも、部品需要は依然として底堅い。

 村田製作所はコンデンサー、圧電製品、通信モジュールがそろって伸長。けん引役は、前年同期比で「60%ぐらい伸びた」(村田恒夫社長)スマホ向け。中国向けも好調で「減速感はない」(同)。TDKの上釜健宏社長も「第3四半期はさらに増える」と予測。「(中国スマホの)勝ち組の勢いがいい。部品需要を押し上げる可能性がある」と上振れは確実。下期予定の設備投資の一部も前倒しした。

 アルプス電気はカメラ用アクチュエーターなどが好調。「年内は良い状況が続く」と栗山年弘社長。設備投資を期初計画から76億円増の550億円へと増額した。日本電産も米アップル「iPhone」の最新機種などに採用されたハプティック(触覚)機器向け小型振動モーターが急拡大。「ハードディスク用スピンドルモーターの工場の一つを使うほか、新工場も作らないと」(永守重信会長兼社長)と、設備投資を上積みした。

 下方修正した京セラも、スマホ向けに限れば好調だ。「コンデンサーや水晶部品はハイエンド機に強く(スマホ市場の鈍化の)影響はそれほどない」(山口悟郎社長)。

 中国のスマホ市場が変調を来しているのは確か。しかし国内の部品メーカーが得意とする高性能機は伸び続けている。一方で高機能化でも部品搭載数が増えない部品は、苦戦を余儀なくされそうだ。

電子部品大手は今期業績上振れへ。中国スマホ「減速感なし」

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  2. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 商品管理も可能な万引き防止ゲート「WaveGate」

  5. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  6. 国交省の建設技術者単価、3.8%上昇…下落前の9割程度に回復

  7. 大阪府立病院機構、呼吸器・アレルギー医療センターの施設整備を計画

  8. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  9. 盗難対策と在庫管理ができるRFID、スポーツ用品「デカトロン」が導入

  10. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

アクセスランキングをもっと見る

page top