電子部品大手は今期業績上振れ、中国向けスマホ「減速感なし」 画像 電子部品大手は今期業績上振れ、中国向けスマホ「減速感なし」

マネジメント

 電子部品5社の2016年3月期連結業績見通しは、スマートフォン向けの需要が引き続き拡大し、各社とも好調に推移する見通しだ。村田製作所、アルプス電気が15年4―9月期決算で上方修正し、予想を据え置いたTDK、日本電産も業績は上振れ気味。スマホ市場の成長鈍化が懸念されつつも、部品需要は依然として底堅い。

 村田製作所はコンデンサー、圧電製品、通信モジュールがそろって伸長。けん引役は、前年同期比で「60%ぐらい伸びた」(村田恒夫社長)スマホ向け。中国向けも好調で「減速感はない」(同)。TDKの上釜健宏社長も「第3四半期はさらに増える」と予測。「(中国スマホの)勝ち組の勢いがいい。部品需要を押し上げる可能性がある」と上振れは確実。下期予定の設備投資の一部も前倒しした。

 アルプス電気はカメラ用アクチュエーターなどが好調。「年内は良い状況が続く」と栗山年弘社長。設備投資を期初計画から76億円増の550億円へと増額した。日本電産も米アップル「iPhone」の最新機種などに採用されたハプティック(触覚)機器向け小型振動モーターが急拡大。「ハードディスク用スピンドルモーターの工場の一つを使うほか、新工場も作らないと」(永守重信会長兼社長)と、設備投資を上積みした。

 下方修正した京セラも、スマホ向けに限れば好調だ。「コンデンサーや水晶部品はハイエンド機に強く(スマホ市場の鈍化の)影響はそれほどない」(山口悟郎社長)。

 中国のスマホ市場が変調を来しているのは確か。しかし国内の部品メーカーが得意とする高性能機は伸び続けている。一方で高機能化でも部品搭載数が増えない部品は、苦戦を余儀なくされそうだ。

電子部品大手は今期業績上振れへ。中国スマホ「減速感なし」

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

    JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

  2. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  3. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

    下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  4. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  5. JFEエンジニアリング、海外の橋梁事業3年で100億円目標に

  6. ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂

  7. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  8. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

アクセスランキングをもっと見る

page top