乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省 画像 乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

マネジメント

国土交通省は10月30日、2014年度の乗合バス事業の収支状況について発表。東京圏・名古屋圏・大阪圏の三大都市圏と「その他地域」の経常収支率との差が拡大したと伝えた(関連写真72枚)。

三大都市圏では、輸送人員が増加(対前年度比+1.1%)したことなどから、経常収支率は、前年度より0.4%上昇して101.3%。いっぽう「その他地域」では、輸送人員が減少(対前年度比-1.9%)したことなどから、経常収支率が前年度より0.8%減少し、86.8%となった。

国は、三大都市圏(大都市部)の経常収支率(101.3%)が昨年度に引き続き100%を超え、「その他地域」の経常収支率(86.8%)との差は拡大しているという見解を示した。

乗合バス事業、三大都市圏と地方で経常収支率の差が拡大…国交省発表

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

    下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  2. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  3. 半導体再編が動きだす? ルネサスCEOがわずか半年で突然の辞任

    半導体再編が動きだす? ルネサスCEOがわずか半年で突然の辞任

  4. 【回転窓】気の利いたジョーク

アクセスランキングをもっと見る

page top