乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省 画像 乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

マネジメント

国土交通省は10月30日、2014年度の乗合バス事業の収支状況について発表。東京圏・名古屋圏・大阪圏の三大都市圏と「その他地域」の経常収支率との差が拡大したと伝えた(関連写真72枚)。

三大都市圏では、輸送人員が増加(対前年度比+1.1%)したことなどから、経常収支率は、前年度より0.4%上昇して101.3%。いっぽう「その他地域」では、輸送人員が減少(対前年度比-1.9%)したことなどから、経常収支率が前年度より0.8%減少し、86.8%となった。

国は、三大都市圏(大都市部)の経常収支率(101.3%)が昨年度に引き続き100%を超え、「その他地域」の経常収支率(86.8%)との差は拡大しているという見解を示した。

乗合バス事業、三大都市圏と地方で経常収支率の差が拡大…国交省発表

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

    乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  2. 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

    国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

  3. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

    常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  4. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  5. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  6. 新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表

  7. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  8. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  9. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  10. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

アクセスランキングをもっと見る

page top