乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省 画像 乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

マネジメント

国土交通省は10月30日、2014年度の乗合バス事業の収支状況について発表。東京圏・名古屋圏・大阪圏の三大都市圏と「その他地域」の経常収支率との差が拡大したと伝えた(関連写真72枚)。

三大都市圏では、輸送人員が増加(対前年度比+1.1%)したことなどから、経常収支率は、前年度より0.4%上昇して101.3%。いっぽう「その他地域」では、輸送人員が減少(対前年度比-1.9%)したことなどから、経常収支率が前年度より0.8%減少し、86.8%となった。

国は、三大都市圏(大都市部)の経常収支率(101.3%)が昨年度に引き続き100%を超え、「その他地域」の経常収支率(86.8%)との差は拡大しているという見解を示した。

乗合バス事業、三大都市圏と地方で経常収支率の差が拡大…国交省発表

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. TPPをチャンスに! 「中小企業輸出支援ハンドブック」発行

    TPPをチャンスに! 「中小企業輸出支援ハンドブック」発行

  2. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

    リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

  3. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

    二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  4. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  5. 東芝、トヨタ採用増で車載向けで半導体加賀工場に投資

  6. 東洋建設、自航式多目的船の建造が本格化

  7. マルチセンサーでドローン侵入を検知……兼松エアロスペース

  8. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  9. 新国立競技場、完成後の運営について議論が本格化

  10. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

アクセスランキングをもっと見る

page top