乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省 画像 乗合バス事業収益、地域格差拡大……国交省

マネジメント

国土交通省は10月30日、2014年度の乗合バス事業の収支状況について発表。東京圏・名古屋圏・大阪圏の三大都市圏と「その他地域」の経常収支率との差が拡大したと伝えた(関連写真72枚)。

三大都市圏では、輸送人員が増加(対前年度比+1.1%)したことなどから、経常収支率は、前年度より0.4%上昇して101.3%。いっぽう「その他地域」では、輸送人員が減少(対前年度比-1.9%)したことなどから、経常収支率が前年度より0.8%減少し、86.8%となった。

国は、三大都市圏(大都市部)の経常収支率(101.3%)が昨年度に引き続き100%を超え、「その他地域」の経常収支率(86.8%)との差は拡大しているという見解を示した。

乗合バス事業、三大都市圏と地方で経常収支率の差が拡大…国交省発表

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

    上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  2. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

    伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  3. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

    超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  4. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  5. ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

  6. 京都の伝統と革新を“和える”若き女性起業家の思い

  7. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  8. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  9. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  10. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

アクセスランキングをもっと見る

page top