三菱商事、ジャカルタの分譲マンション事業に参画へ 画像 三菱商事、ジャカルタの分譲マンション事業に参画へ

海外進出

分譲マンション事業へ参画
かねてよりジャカルタ西部における新興地区の分譲マンションの開発を手がけてきた三菱商事。28日、インドネシアの財閥であるリッポーグループとともにジャカルタ東部チカラン地区における分譲マンション事業の参画を発表した。

このうち三菱商事が49%を出資する。残り51%はリッポーの不動産子会社が負担する。今後も不動産開発における協力体制を維持する。

分譲マンションの概要
この地区は日系企業など工場が多数集積している。約3,000haの工業団地を中心に、新都心として開発がなされてきた。住宅の整備も急がれていた。

分譲マンションは、大規模開発事業「オレンジ・カウンティプロジェクト」の一環となるもの。商業施設、オフィス、住宅、病院などを含む一大開発事業でリッポーが進めてきた計画だ。

322ヘクタールの広大な土地に、快適な都市機能を備えるニュータウン開発計画となっている。

総事業費は約90億円。来年4月に着工、平成31年4月に竣工の予定。総戸数は約1200戸の地上40階のマンションを2棟建設する。

三菱商事は今後もリッポーグループと緊密な協力関係を維持し、事業を拡大していきたい、としている。

(画像はプレスリリースより)

三菱商事、分譲マンション事業に参画へ

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. 東急建設がバングラデシュ初となる都市高速鉄道、請負額80億円

    東急建設がバングラデシュ初となる都市高速鉄道、請負額80億円

  3. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

    【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

アクセスランキングをもっと見る

page top