地域ブランド続々、広島で9日に「えたじまブランド」認定式 画像 地域ブランド続々、広島で9日に「えたじまブランド」認定式

インバウンド・地域活性

 江田島市地域ブランド推進協議会は2日、「えたじまブランド認定式」を9日14時から江田島コミュニティセンターで開催すると発表した。

 江田島市商工会(広島県江田島市)は2014年に江田島市地域ブランド推進協議会を設置し、農産物・水産物や工芸品をはじめ、江田島市の名物や地元産品などを地域ブランドとして認定する「えたじまブランド」を制定。候補を募集し、15年10月6日に「えたじまブランド」の認定品を公表した。

 認定品は、「江田島産牡蠣」(江田島市水産物等販売協議会)や「なまこの想い(なまこ石鹸)」(前水産)、「同期の桜(日本酒)」(江田島銘醸)、「江田島もみぢ饅頭てくてく」(峰商事)、「江田島焼(牡蠣殻を釉薬にした陶器)」(江田島焼窯元沖山工房)など、18事業者の34品目に及ぶ。認定式をへて、「えたじまブランド」は本格的に認知度アップをめざす。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  8. 富裕層インバウンドの法則その5

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top