トヨタ車のリコール、マレーシアで66,830台 画像 トヨタ車のリコール、マレーシアで66,830台

海外進出

最悪の場合火災も
29日、UMWトヨタ・モーターは今月21日に報告されたパワーウィンドウのマスタースイッチにおける不具合のため、66,830台をリコールすると発表した。

対象車種は2005年9月から2010年12月の間に製造された、「カムリ」、「ヴィオス」、「ヤリス」、「カローラ・アルティス」、「RAV4」。

同社によると、運転席側のパワーウィンドウのマスタースイッチにおいて、潤滑用グリースが不足しているものがあるという。そのままにしておくと、端子摩耗によって生じる粉が積み重なることで、ショートを引き起こす可能性があり、最悪の場合、スイッチ部がオーバーヒートして熔解し、火災につながる恐れがあるという。

同社は対象の車の所有者全員に連絡を取り、点検を実施し、マスタースイッチに特殊なグリースを差すことで対処する。また、もしスイッチが不具合を起こしているようであれば、スイッチボードを正常なものに取り替える。

数ヶ月前にはエアバッグ問題でリコールが発生
同社は5月に、タカタ製のエアバッグが衝突時に異常燃焼する恐れがあるとして、110,000台以上のリコールを実施している。

UMWトヨタ・モーター、パワーウィンドウ関係の不具合で66,830台をリコール

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシア、中古車検査で業界の活性化となるか?/オークネット

    マレーシア、中古車検査で業界の活性化となるか?/オークネット

  2. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  3. ミャンマーに対し円借款5件の書簡交換を実施、総額約940億円

    ミャンマーに対し円借款5件の書簡交換を実施、総額約940億円

  4. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top