農産物・食品輸出1兆円達成へ! 促進全国協総会開催 画像 農産物・食品輸出1兆円達成へ! 促進全国協総会開催

インバウンド・地域活性

 国産農産物の輸出拡大に向け、農水省は30日、官民でつくる「農林水産物等輸出促進全国協議会」の総会を東京都内で開いた。農林水産物・食品の輸出額を2020年までに1兆円に増やす政府目標の達成へ、関係者一丸で取り組みを強化することを確認した。

 農林水産物・食品の輸出額は昨年、過去最高の6117億円を達成。今年も1~8月の輸出額は前年同期を23%上回って推移している。

・首相「市場広がる好機」

 総会に出席した安倍晋三首相は、環太平洋連携協定(TPP)によって輸出先の関税が撤廃されることを挙げ「日本の誇る米などが世界のマーケットに広がるチャンスだ」と呼び掛けた。

 また、首相はミラノ万博で日本館の来場者数が220万人を超えたことに「日本食への注目度は非常に高い」と強調。「まだまだ(輸出が)少ない。世界では340兆円規模の食市場が広がっている」などと激励した。

 森山裕農相は「1兆円達成は手の届くところに来ている。TPPでは関係者の不安を払拭(ふっしょく)しつつ競争力を強化していきたい」と述べた。

 同協議会では日本ブランドの発信力を高めるため昨年11月以降、産地の枠を超えて米、青果物など主要品目で輸出団体を結成。

 品目別に海外での日本食の消費動向調査や輸出先国でのPRを実施するなど、取り組みを強化している。

農産物・食品輸出 1兆円達成へ一丸 促進全国協が総会

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

    神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  4. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top