農産物・食品輸出1兆円達成へ! 促進全国協総会開催 画像 農産物・食品輸出1兆円達成へ! 促進全国協総会開催

インバウンド・地域活性

 国産農産物の輸出拡大に向け、農水省は30日、官民でつくる「農林水産物等輸出促進全国協議会」の総会を東京都内で開いた。農林水産物・食品の輸出額を2020年までに1兆円に増やす政府目標の達成へ、関係者一丸で取り組みを強化することを確認した。

 農林水産物・食品の輸出額は昨年、過去最高の6117億円を達成。今年も1~8月の輸出額は前年同期を23%上回って推移している。

・首相「市場広がる好機」

 総会に出席した安倍晋三首相は、環太平洋連携協定(TPP)によって輸出先の関税が撤廃されることを挙げ「日本の誇る米などが世界のマーケットに広がるチャンスだ」と呼び掛けた。

 また、首相はミラノ万博で日本館の来場者数が220万人を超えたことに「日本食への注目度は非常に高い」と強調。「まだまだ(輸出が)少ない。世界では340兆円規模の食市場が広がっている」などと激励した。

 森山裕農相は「1兆円達成は手の届くところに来ている。TPPでは関係者の不安を払拭(ふっしょく)しつつ競争力を強化していきたい」と述べた。

 同協議会では日本ブランドの発信力を高めるため昨年11月以降、産地の枠を超えて米、青果物など主要品目で輸出団体を結成。

 品目別に海外での日本食の消費動向調査や輸出先国でのPRを実施するなど、取り組みを強化している。

農産物・食品輸出 1兆円達成へ一丸 促進全国協が総会

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 信濃川やすらぎ堤の改良着手へ/レストランやオープンカフェ、売店などの商業利用後押し

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. どうなる「もんじゃストリート」? 月島三丁目北地区再開発

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

アクセスランキングをもっと見る

page top