進化した車いす「WHILL」などグッドデザイン大賞候補が決定 画像 進化した車いす「WHILL」などグッドデザイン大賞候補が決定

インバウンド・地域活性

 日本デザイン振興会は、グッドデザイン大賞候補およびグッドデザイン賞特別賞を発表した。グッドデザイン賞を受賞した1,337点の中から、特別賞は50点、大賞候補は8点が選出された。大賞候補は、10月30日より東京ミッドタウンで開催される2015年度グッドデザイン賞受賞展(G展)の来場者投票などにより決定。11月4日に発表される。

 受賞作品発表にあたり、永井一史審査委員長は「選出された作品は、これからの社会の見取り図。デザインの背景にあるプロセス、価値にも注目してほしい」と話した。また、今年度の傾向として「課題の内側に入り、掘り下げることで解決につなげた作品が多かった」と柴田文江副委員長は評する。

 大賞候補には、3Dプリンターを活用し、設計データをオープンソース化したexiiiの電動義手「HACKberry」、デザインや性能が優れたWHILLの車いす型モビリティー「WHILL Model A」と注目の医療・福祉系ベンチャー企業が選出された。またトヨタの「ミライ」は、水素社会構築のための積極的な姿勢が評価された。シャープの「フリーフォームディスプレイ」は自由形状の際まで表示でき、ディスプレイの可能性を広げた。

 特別賞は全5賞。グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)には、バルミューダのスチームトースター、成田国際空港第3ターミナルなど19点が選ばれた。グッドデザイン・未来づくりデザイン賞(経済産業省商務情報政策局長賞)17点、グッドデザイン・ものづくりデザイン賞(中小企業庁賞)9点、グッドデザイン・地域づくりデザイン賞(日本商工会議所会頭賞)4点、復興デザイン賞(日本デザイン振興会会長賞)1点も発表された。

 なお、G展では2015年度受賞作品が展示されるほか、ベスト100を受賞したデザイナーによるプレゼンテーションも開催される。
http://www.g-mark.org/gde/2015/index.html

トヨタ「ミライ」など、グッドデザイン大賞候補8点が決定!

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 富裕層インバウンドの法則その8

  6. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3】下鴨茶寮の粉しょうゆ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 中野二丁目地区再開発、低層部には商業施設

アクセスランキングをもっと見る

page top