やまがた公益大賞に高校の農業クラブが、農地除塩活動で 画像 やまがた公益大賞に高校の農業クラブが、農地除塩活動で

インバウンド・地域活性

 地域課題の解決に取り組むNPOなどを表彰する「やまがた公益大賞」について、2015年の受賞団体が発表された。グランプリは山形県立上山明新館高等学校 農業クラブによる取り組みだ。

 やまがた公益大賞は、2007年に山形県がスタートさせた事業。地域住民らの公益活動の活性化を目的としている。

 2015年のグランプリに選ばれた山形県立上山明新館高等学校 農業クラブは、「桑から広がる農地復興プロジェクト」という活動を実施。東日本大震災の津波による農地の塩害を、桑とモミガラを使って除くことで、農地として復興する活動だ。

 このほか、特定非営利活動法人きずな、立谷川の花さかじいさん、特定非営利活動法人さわやかサロン、やまがた メイカーズ ネットワークの4団体が大賞を受賞。それぞれ「養護学校児童を対象とする放課後等デイサービス事業の活動」、「芝ざくら桃源郷づくり」、「高齢者いきいきデイサービス・子育て広場・家事援助・新みんなの居場所づくり」、「『次代を担う子どもたちに3Dプリンターを贈ろう!』-教育用3Dプリンター導入プロジェクトー」という活動が評価された。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  6. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  7. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  8. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  9. 京急泉岳寺駅~新馬場駅間を連立化、3カ所ある踏み切りを除却へ

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top