やまがた公益大賞に高校の農業クラブが、農地除塩活動で 画像 やまがた公益大賞に高校の農業クラブが、農地除塩活動で

インバウンド・地域活性

 地域課題の解決に取り組むNPOなどを表彰する「やまがた公益大賞」について、2015年の受賞団体が発表された。グランプリは山形県立上山明新館高等学校 農業クラブによる取り組みだ。

 やまがた公益大賞は、2007年に山形県がスタートさせた事業。地域住民らの公益活動の活性化を目的としている。

 2015年のグランプリに選ばれた山形県立上山明新館高等学校 農業クラブは、「桑から広がる農地復興プロジェクト」という活動を実施。東日本大震災の津波による農地の塩害を、桑とモミガラを使って除くことで、農地として復興する活動だ。

 このほか、特定非営利活動法人きずな、立谷川の花さかじいさん、特定非営利活動法人さわやかサロン、やまがた メイカーズ ネットワークの4団体が大賞を受賞。それぞれ「養護学校児童を対象とする放課後等デイサービス事業の活動」、「芝ざくら桃源郷づくり」、「高齢者いきいきデイサービス・子育て広場・家事援助・新みんなの居場所づくり」、「『次代を担う子どもたちに3Dプリンターを贈ろう!』-教育用3Dプリンター導入プロジェクトー」という活動が評価された。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業

    卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  5. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  7. 地域経済社会の創造と発展に求められる「多様性」「異質性」

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

  10. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

アクセスランキングをもっと見る

page top