やまがた公益大賞に高校の農業クラブが、農地除塩活動で 画像 やまがた公益大賞に高校の農業クラブが、農地除塩活動で

インバウンド・地域活性

 地域課題の解決に取り組むNPOなどを表彰する「やまがた公益大賞」について、2015年の受賞団体が発表された。グランプリは山形県立上山明新館高等学校 農業クラブによる取り組みだ。

 やまがた公益大賞は、2007年に山形県がスタートさせた事業。地域住民らの公益活動の活性化を目的としている。

 2015年のグランプリに選ばれた山形県立上山明新館高等学校 農業クラブは、「桑から広がる農地復興プロジェクト」という活動を実施。東日本大震災の津波による農地の塩害を、桑とモミガラを使って除くことで、農地として復興する活動だ。

 このほか、特定非営利活動法人きずな、立谷川の花さかじいさん、特定非営利活動法人さわやかサロン、やまがた メイカーズ ネットワークの4団体が大賞を受賞。それぞれ「養護学校児童を対象とする放課後等デイサービス事業の活動」、「芝ざくら桃源郷づくり」、「高齢者いきいきデイサービス・子育て広場・家事援助・新みんなの居場所づくり」、「『次代を担う子どもたちに3Dプリンターを贈ろう!』-教育用3Dプリンター導入プロジェクトー」という活動が評価された。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

    横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  10. 【Sakeの海外戦略:2】酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

アクセスランキングをもっと見る

page top