新参入のローソン電子マネー、セブン-イレブンでも利用可能に? 画像 新参入のローソン電子マネー、セブン-イレブンでも利用可能に?

マネジメント

 ローソンは29日、信販大手のJCBと組み、電子マネー事業に参入すると発表したが、これがコンビニエンスストア業界に波紋を広げそうだ。というのもJCBの加盟店でローソンの電子マネーが利用できることで結果的にコンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパンの店頭でも使える格好になるからだ。セブン―イレブンでは流通系の電子マネーには門戸を開いていなかった。ローソンのJCBと協業した〝トロイの木馬〟作戦にセブン―イレブンの電子マネー「ナナコ」はどう対応するか、今後注目されそうだ。

 ローソンは大株主の三菱商事系の共通ポイント「ポンタ」の中核メンバーになっている。最近ではポンタから収集されるビッグデータの活用にも乗り出しており、ポイント事業には力を入れてきた。

 今回、そのローソンがJCBと組み11月3日から展開始める電子マネーは「おさいふポンタ」。ポイント獲得だけでなく、任意の金額をチャージし決済にも利用できる。電子マネーはローソンだけでなく、JCBの国内取り扱い店900万店でも利用できるようになる。

 しかし、これが結果としてコンビニ最大手のセブン―イレブン店頭でも決済に使えたり、「おさいふポンタ」にポイントが貯まったりすることになる。

 セブン―イレブンは、親会社のセブン&アイ・ホールディングスが独自の電子マネー「ナナコ」を展開している。このため、セブン―イレブン店頭ではこれまでJR東日本系の「スイカ」など交通系電子マネー以外、ファミリーマートと親密なカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が展開する「Tカード」など流通系の電子マネーには門戸を開いていなかった。

 しかし今回、あたかもJCBという〝トロイの木馬〟に乗ってやってくる「おさいふポンタ」が、セブン―イレブンの店舗に上陸、図らずも門戸を開放する格好となった。

セブン―イレブンでローソンの電子マネーが使えるようになる!?

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. マレーシアのスコミとチェコのシュコダ、鉄道車両メーカー同士で協定

    マレーシアのスコミとチェコのシュコダ、鉄道車両メーカー同士で協定

  2. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

    ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  3. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

    スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  4. 日本コムシスがBEMS事業に参入

  5. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  6. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  7. 職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

  8. 社整審住宅宅地分科会、次期10カ年の住生活基本計画最終案を了承

  9. 北海道で先行導入、ヤナセとニッポンレンタカーが輸入車レンタルで提携

  10. ブリヂストン REGNO GR-X I/GRV IIが用品大賞2015でグランプリ獲得

アクセスランキングをもっと見る

page top