県も事業で積極採用、「ぐんまの環境新技術・新製品」が募集開始 画像 県も事業で積極採用、「ぐんまの環境新技術・新製品」が募集開始

インバウンド・地域活性

 群馬県が2015年度の「ぐんまの環境新技術・新製品」の募集を開始した。県内中小企業などの開発した「循環型社会づくり」や「環境保全」に関する新技術を収集し、広報活動などによって普及促進を図る。

 対象となるのは県内の中小企業や、県内中小企業が実質的な開発者として参加する団体など。リサイクル材料が使用された技術・製品、廃棄の際に環境負荷が大きく軽減されるもの、省エネ製品など利用することで環境負荷が軽減されるものなど、環境に配慮・貢献する製品を募集している。

 応募された技術は外部の有識者で構成する評価会で審査し、「環境新技術・新製品」と「環境配慮技術・配慮製品」のいずれかに分類。選定されると、応募から原則満3年間にわたって県のホームページなどに掲載されるほか、新規性の高いものについては県の公共事業でも積極的に採用していく。

 募集期間は12月28日まで。県庁環境政策課への持参や郵送、メールで受け付けている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 富裕層インバウンドの法則その2

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

アクセスランキングをもっと見る

page top