要望図書、気仙沼市に 神奈川県立旭高校 画像 要望図書、気仙沼市に 神奈川県立旭高校

インバウンド・地域活性

 神奈川県立旭高校が、復興支援として宮城県気仙沼市の学校に書籍を送る活動を始めた。同校のある横浜市旭区内の小・中学校や地域住民に提供を呼び掛け、県内の支援委員会(「きずなブック」)を通じて、被災地から要望のあった書籍を送る。地元から不要書籍のリストを送ってもらい、気仙沼市からの要望図書と一致したら生徒が訪問し、本を受け取るという。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. 宮城の米新品種「だて正夢」、18年産から本格デビュー/サンドウィッチマンも応援!

  10. 海外需要を捉えて成功した日本の伝統工芸…岩鋳の南部鉄器

アクセスランキングをもっと見る

page top