山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート 画像 山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート

人材

 山口県教委はこのほど、教員を目指す学生が小・中、高校、特別支援学校で学習指導の補助や教材・掲示物の作成などを経験する「学校体験制度」を始めた。平成23年度からの取り組みで、今年度は約260人の学生(1・2年生、短大は1年生)が42校でおよそ5日間活動する。教員を目指す学生が早い段階で学校現場を経験することで、教職の魅力を実感し、意欲を高めてもらうことなどがねらい。
《日本教育新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

    広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  2. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

    【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  3. アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

    アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

  4. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  5. 自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

  6. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  7. 女性も働きやすい建設現場へ…男女別トイレのモデル工事

  8. 【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

  9. フジタ道路の社長に杉本卓嗣専務昇格。4月1日就任

  10. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

アクセスランキングをもっと見る

page top