山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート 画像 山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート

人材

 山口県教委はこのほど、教員を目指す学生が小・中、高校、特別支援学校で学習指導の補助や教材・掲示物の作成などを経験する「学校体験制度」を始めた。平成23年度からの取り組みで、今年度は約260人の学生(1・2年生、短大は1年生)が42校でおよそ5日間活動する。教員を目指す学生が早い段階で学校現場を経験することで、教職の魅力を実感し、意欲を高めてもらうことなどがねらい。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(後編)

    「商品売るより 自分を売ろう」野球と人、そこにはハイゴールド(後編)

  2. ~HANJO女子~課題を自分で見つけ出し一から解決していく/コマツ建機 山関珠実さん

    ~HANJO女子~課題を自分で見つけ出し一から解決していく/コマツ建機 山関珠実さん

  3. 深谷組野球部、元巨人軍・高橋洸選手を獲得/現場とスポーツ両方の戦力に

    深谷組野球部、元巨人軍・高橋洸選手を獲得/現場とスポーツ両方の戦力に

  4. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  5. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  6. 拡大する障がい者雇用、満足度に直結する入社前コミュニケーションの課題とは?

  7. 儲かっている会社=信頼関係のある会社

  8. やりがいある飲食企業1位にスタバ、その秘密は?

アクセスランキングをもっと見る

page top