山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート 画像 山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート

人材

 山口県教委はこのほど、教員を目指す学生が小・中、高校、特別支援学校で学習指導の補助や教材・掲示物の作成などを経験する「学校体験制度」を始めた。平成23年度からの取り組みで、今年度は約260人の学生(1・2年生、短大は1年生)が42校でおよそ5日間活動する。教員を目指す学生が早い段階で学校現場を経験することで、教職の魅力を実感し、意欲を高めてもらうことなどがねらい。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病

    昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病

  2. ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

    ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

  3. 人手不足の解決法:1 外国人留学生をスタッフに/Zoff

    人手不足の解決法:1 外国人留学生をスタッフに/Zoff

  4. スマホでいつでもどこでもできる「U・Iターン」とは?

  5. “世界最高のモチベーションカンパニー”を目指した健康経営の取り組みとは?

  6. 健康経営ニーズを開拓し、地方のヘルスケア産業を創出……経済産業省

  7. ~サテライトオフィスの利点:3~働き方改革をこの場所でトライする!

  8. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

  9. 調理スタッフはバイトより正社員不足? 15年の飲食店求人調査

  10. ~社歌コン 審査員の声:2~タマ伸也がイメージする社歌”とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top