山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート 画像 山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート

人材

 山口県教委はこのほど、教員を目指す学生が小・中、高校、特別支援学校で学習指導の補助や教材・掲示物の作成などを経験する「学校体験制度」を始めた。平成23年度からの取り組みで、今年度は約260人の学生(1・2年生、短大は1年生)が42校でおよそ5日間活動する。教員を目指す学生が早い段階で学校現場を経験することで、教職の魅力を実感し、意欲を高めてもらうことなどがねらい。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  2. 電設協、全建に働き方改革への協力要請/現場社員の長時間労働改善へ

    電設協、全建に働き方改革への協力要請/現場社員の長時間労働改善へ

  3. 高卒者の建設業就職が14年と同水準の1.7万人に!文科省調査

    高卒者の建設業就職が14年と同水準の1.7万人に!文科省調査

  4. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  5. 【中小企業の『経営論』】第2回:「仕事は盗むもの」というだけで足りるのか

  6. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  7. 愛知県、教職経験豊富な志願者が増加

  8. i-Con中部サポートセンター、初の女性技術者体験セミナー開く

  9. ドラマ『火花』(又吉直樹)に会社員の人間関係を見る

  10. KMユナイテッドが奨学金制度創設、4年勤務で残額返済免除

アクセスランキングをもっと見る

page top