山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート 画像 山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート

人材

 山口県教委はこのほど、教員を目指す学生が小・中、高校、特別支援学校で学習指導の補助や教材・掲示物の作成などを経験する「学校体験制度」を始めた。平成23年度からの取り組みで、今年度は約260人の学生(1・2年生、短大は1年生)が42校でおよそ5日間活動する。教員を目指す学生が早い段階で学校現場を経験することで、教職の魅力を実感し、意欲を高めてもらうことなどがねらい。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 電気/通信設備工事各社、技術系の新入社員数が大幅増!

    電気/通信設備工事各社、技術系の新入社員数が大幅増!

  3. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

    社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

  4. ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

  5. 「選ばれる病院」はこうしてつくられる!

  6. NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

  7. ~社歌コン 応募社の横顔:1~スタッフが思わず泣いた社歌-清澄白川の美容室

  8. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  9. ~社歌コン 応募社の横顔:29~社内ライブから心一つに-北海道の石油販売

  10. 建災防がメンタルヘルス対策強化。健康KY、チェックマニュアル策定

アクセスランキングをもっと見る

page top