山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート 画像 山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート

人材

 山口県教委はこのほど、教員を目指す学生が小・中、高校、特別支援学校で学習指導の補助や教材・掲示物の作成などを経験する「学校体験制度」を始めた。平成23年度からの取り組みで、今年度は約260人の学生(1・2年生、短大は1年生)が42校でおよそ5日間活動する。教員を目指す学生が早い段階で学校現場を経験することで、教職の魅力を実感し、意欲を高めてもらうことなどがねらい。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. HJHJアーカイブス:05「大ヒット『逃げ恥』に知る、若者の契約観」

    HJHJアーカイブス:05「大ヒット『逃げ恥』に知る、若者の契約観」

  2. 儲かっている会社=信頼関係のある会社

    儲かっている会社=信頼関係のある会社

  3. HANJO HANJO、「中小企業 社歌コンテスト」を実施、社歌動画を募集!

    HANJO HANJO、「中小企業 社歌コンテスト」を実施、社歌動画を募集!

  4. 【社歌コン 応募社の横顔:4】1人でも社歌。人生を叫ぶ-岩手の自動車整備工

  5. 【社歌コン 応募社の横顔:5】朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売

  6. ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』に見る、上司と部下の関係

  7. 【HJ HJ EYE:9】会社の新しい枠組み「ポジティブメンタルヘルス」

  8. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  9. 【社歌コン 応募社の横顔:3】HAPPYが広がる町工場-大阪の型製作会社

  10. 1人採用で36万円、完全成果報酬制の「新卒紹介サービス」登場

アクセスランキングをもっと見る

page top