山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート 画像 山口県教委 教員を目指す学生を対象に「学校体験制度」スタート

人材

 山口県教委はこのほど、教員を目指す学生が小・中、高校、特別支援学校で学習指導の補助や教材・掲示物の作成などを経験する「学校体験制度」を始めた。平成23年度からの取り組みで、今年度は約260人の学生(1・2年生、短大は1年生)が42校でおよそ5日間活動する。教員を目指す学生が早い段階で学校現場を経験することで、教職の魅力を実感し、意欲を高めてもらうことなどがねらい。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

    銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

  3. 都中建が都内専門学校で合同企業説明会開催、建築の魅力をアピール!

    都中建が都内専門学校で合同企業説明会開催、建築の魅力をアピール!

  4. 【凜】埼玉県県土整備部本庄県土整備事務所・柴山菜摘さん、市民目線のゼネラリストに

  5. 「健康経営が企業の柱になってほしい」。横浜市が健康経営セミナー

  6. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  7. 「職人育成」がキーワード! 専門工事会社が広域連携で人材育成

  8. 漫画『GIANT KILLING』に中小企業の組織マネジメントを見る

  9. 新人研修で農業体験! NPO活動から生まれた農業研修プログラム

  10. 迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top