最新車に“農一点” 東京モーターショー今日開幕 画像 最新車に“農一点” 東京モーターショー今日開幕

インバウンド・地域活性

 東京ビッグサイト(江東区)で29日から始まる「東京モーターショー2015」にトラクターが登場する。11カ国160社が参加する中、乗用の農業車両は1台だけ。開幕に先立ち、報道向けに28日に公開し、注目を集めた。一般展示は30日から11月8日。
 出展するトラクターは、ヤンマー(大阪市)が50台限定で販売する「YT5113Limited Edition」の東京モーターショーバージョン。フェラーリなどのデザインを手掛けた工業デザイナーの奥山清行氏が開発に携わった。

 同社デザイン戦略室は「デザインが目立つが、徹底して快適性を求めた」と説明する。ハンドルやペダル、レバーの位置などにこだわり、作業者の負荷を軽減。「何時間乗っても疲れない」とアピールする。
《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その1

    富裕層インバウンドの法則その1

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】家事のイライラを解消!…6万個以上売れた洗濯バサミ

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 「たかだか10分の差」。舞鶴市長、北陸新幹線舞鶴ルートの必要性を強調

  10. 中小企業の新事業創出を支援、設備投資など最大3000万円補助

アクセスランキングをもっと見る

page top