伝統工芸、ヘルスケア、ロボット……富山県が都内でイベント 11月10-15日 画像 伝統工芸、ヘルスケア、ロボット……富山県が都内でイベント 11月10-15日

インバウンド・地域活性

 富山県は11月10日~15日にかけて、「TOYAMA DESIGN-伝統工芸・ヘルスケア・ロボット分野における今と未来のものづくり-」を東京・六本木のAXISで開催する。

 同イベントでは、県内でも特に次世代を担う産業として期待される「伝統工芸産業」「ヘルスケア産業」「ロボット産業」の3分野に焦点が当てられる。展覧会、交流会、シンポジウムを通して、県の取り組みを広く紹介しようという狙いだ。

 展覧会は10時~18時(最終日は16時閉場)に開催され、前記の3分野で革新的なビジネスモデルを展開している県内企業7社をデザインの視点から紹介。また、県が品質やデザイン性に優れた工業製品として選定する「富山プロダクツ商品」のうち、「建材」「エコ」「福祉・健康」「日用品」の分野で代表的な商品も取り上げる。

 一方、交流会は首都圏のデザイナーを招待し、参加者との交流を深めようというもので、10日の18時~20時に開催。原則申込制とするが、当日受付も可能だ。

 シンポジウムは13日の14時~18時に開催。3部構成で各部とも定員60名の申込制かつ先着順。第1部は14時~15時で「富山の水を活用したヘルスケアとビジネススチャンスの創出」が、第2部は15時30分~16時30分で「次世代の伝統工芸産業:伝統と革新・現代に合った新しい取り組み」が、第3部は17時~18時で「ロボット産業の未来を見据えて:サービスロボット、移動ロボット、産業ロボットの今とこれから」がテーマとなっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  4. ファームシップ支援で晃商が三重に植物工場建設、1万5千株生産

  5. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  7. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top