約7割が地方企業への転職OK! 東名阪の三大都市圏在住者調査 画像 約7割が地方企業への転職OK! 東名阪の三大都市圏在住者調査

人材

 エン・ジャパンは29日、ビジネスパーソンを対象に実施した「地方で働くこと」に関する調査結果を発表。「興味がある」という回答が69%にのぼった。

 この調査は同社が運営する人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」で、東名阪(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、兵庫、京都、奈良)の三大都市圏に在住するユーザーを対象に実施したもの。希望するエリアで最も人気が高かったのは「九州・沖縄エリア」の26%で、その理由として「アジア圏に近く発展が見込める」「他の地域に比べ都市として整っているから仕事がしやすそう」といった声が寄せられた。

 次いで多かったのは「北信越エリア」の13%、「北海道エリア」の11%で、「自然豊かでストレスがなさそう」という意見が多かったという。なお、東名阪別に人気度を見てみると、関東県在住者は「九州・沖縄エリア」が30%で多く、愛知在住者は「東海エリア」の26%、関西圏在住者は「中国・四国エリア」の18%という結果だった。

 地方で働くことに「興味がない」という回答者に対して、「どのような条件であれば地方で働いてもよいか」を尋ねると、「やりたい仕事内容である」が24%でトップとなった。つまり、仕事内容によっては地方での勤務に前向きなのだ。

 同調査の結果は、三大都市圏からの人材確保を目指す地方企業にとって大いに勇気づけられるもの。他にも「地方で働く上での不安や懸念」「地方で働くにあたり妥協可能な条件」などの調査結果もまとめているため、採用活動に役立てたいところだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  4. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  5. 主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

  6. がん検診率ほぼ100%を達成した中小企業、古川の取り組みとは?

  7. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  8. 【社歌コン 応募社の横顔:12】動画を通じたファンとの交流-東京のバス会社

  9. ゼネコン各社が女性の新卒採用を拡大。16年春入社は140人増の17%に

  10. 2016年新卒、就職人気企業ランキングまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top