第6回ものづくり日本大賞受賞者決定! 東北初など65名1団体受賞 画像 第6回ものづくり日本大賞受賞者決定! 東北初など65名1団体受賞

インバウンド・地域活性

 内閣総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」の第6回の受賞者が発表された。今年度は24件、65名、1団体が受賞している。

 同大賞はものづくりにおいて中堅、熟練、若年のそれぞれで優れた技術を持つ人材を表彰するもの。受賞者数の内訳は、経済産業省関係で7件35名、国土交通省関係で8件12名、厚生労働省関係で5件12名、文部科学省関係で4件6名1団体にのぼる。

 経済産業省関係では、内閣総理大臣賞の製品・技術開発部門で受賞した天童木工が、製品・技術開発部門において東北地方の企業としては初の受賞となった。同社は家具や合板などの製造・販売を手がけている山形県の企業だが、今回は「軟質針葉樹の圧密成形加工技術開発・実用化及び家具用材への利用拡大」の案件で受賞している。

 これは、家具としての利用が困難なスギ、ヒノキ等の軟質針葉樹を、家具として量産できるように開発された製造方法。針葉樹の圧密成形加工技術の実用化は世界初をうたう。

 その他、経済産業省では内閣総理大臣賞のほかにも、15件85名、2団体の経済産業大臣賞と、12件53名、1団体の特別賞、27件145名の優秀賞の受賞者をそれぞれ決定した。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  9. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  10. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

アクセスランキングをもっと見る

page top