第6回ものづくり日本大賞受賞者決定! 東北初など65名1団体受賞 画像 第6回ものづくり日本大賞受賞者決定! 東北初など65名1団体受賞

インバウンド・地域活性

 内閣総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」の第6回の受賞者が発表された。今年度は24件、65名、1団体が受賞している。

 同大賞はものづくりにおいて中堅、熟練、若年のそれぞれで優れた技術を持つ人材を表彰するもの。受賞者数の内訳は、経済産業省関係で7件35名、国土交通省関係で8件12名、厚生労働省関係で5件12名、文部科学省関係で4件6名1団体にのぼる。

 経済産業省関係では、内閣総理大臣賞の製品・技術開発部門で受賞した天童木工が、製品・技術開発部門において東北地方の企業としては初の受賞となった。同社は家具や合板などの製造・販売を手がけている山形県の企業だが、今回は「軟質針葉樹の圧密成形加工技術開発・実用化及び家具用材への利用拡大」の案件で受賞している。

 これは、家具としての利用が困難なスギ、ヒノキ等の軟質針葉樹を、家具として量産できるように開発された製造方法。針葉樹の圧密成形加工技術の実用化は世界初をうたう。

 その他、経済産業省では内閣総理大臣賞のほかにも、15件85名、2団体の経済産業大臣賞と、12件53名、1団体の特別賞、27件145名の優秀賞の受賞者をそれぞれ決定した。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  5. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  8. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  9. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  10. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

アクセスランキングをもっと見る

page top