バッテリーの温度調整技術など、自動車部品業界の特許ランキング 画像 バッテリーの温度調整技術など、自動車部品業界の特許ランキング

インバウンド・地域活性

 パテント・リザルトは29日、同社が独自に分類した自動車部品業界企業における「自動車部品業界 特許資産規模ランキング2015」を発表した。

 同ランキングは2014年4月1日から2015年3月末までに登録された特許を対象に、「パテントスコア」で評価を行なったもの。この「パテントスコア」とは、個別特許の“注目度を得点化”する同社独自の指標だ。

 トップにランキングしたのは、特許資産規模で2位以下を大きく引き離す6万3546ptとなったデンソー。特許件数でも唯一4桁の2366件に及んだ。特に注目度の高い特許は、米国や中国でも特許取得済の「モーター固定子における導線の形状及び接合方法」。ほかに「バッテリーを温度調整するための送風機、周辺機器の配置」なども注目される。

 2位はドイツのROBERT BOSCHで、特許資産規模は2万615pt、特許件数は484件。「燃料高圧ポンプにおけるタペットとタペット収容部間にフィルターを設ける技術」は、特許協力条約(PCT)に基づく国際出願を通して米国、欧州、中国、韓国にも出願中で、米国、欧州、中国では特許登録されている。

 3位は、特許資産規模が1万6459pt、特許件数が484件の日立オートモティブシステムズ。「ブレーキブースターにおける反力分配機構に関する技術」や「インバーターの回路構成」などが注目度の高い特許として挙げられる。

 同ランキングは昨年も発表しており、デンソーと日立オートモティブシステムズの順位は変わらないものの、ROBERT BOSCHは4位から2ランクアップ。ほかにトップ10で順位の変動が目立ったのは、東海理化電機製作所が11位から7位へ、KYBが13位から10位へ、それぞれ順位を大きく上げている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  4. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  5. 豊洲に高さ180mのマンション、東京ガスの現所有地に計画

  6. 岐阜県らがリニア新幹線・岐阜駅周辺整備で概略設計作成、17年度の事業認可めざす

  7. 東京メトロ、民間連携で駅舎機能の高度化推進…専門チーム中心に

  8. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  9. 岐阜県・多治見駅南地区再開発計画、事業費228億円

  10. 観光地化、多様性、閑静さ…生き残る商店街、人気の秘密はどこに?

アクセスランキングをもっと見る

page top