清水建設、放射線の遮へいを最適設計、安全性と経済性両立 画像 清水建設、放射線の遮へいを最適設計、安全性と経済性両立

インバウンド・地域活性

 清水建設は28日、高エネルギー放射線医療施設の放射線遮へい性能を最適に設計する計算手法を確立したと発表した。遮へい壁を透過する放射線の挙動の3次元解析を基に室外線量を評価する。安全性と経済性を両立した遮へい壁を設計できるのが特徴。これまで困難だった複雑な形状の施設設計や、レイアウト変更時の治療装置の配置検討などに柔軟に対応できる。今後需要の増加が見込まれる放射線医療施設の建設受注の拡大に役立てる。
 同社は、高エネルギーの放射線(光子)を照射した際に起こる核反応により、原子核から中性子などの粒子が放出される現象(光核反応)のデータベース(DB)を構築した。約2650の原子核(核種)を網羅している。
 DBを活用してシミュレーション用の線源モデルを独自開発。遮へい壁を透過する放射線の挙動の3次元解析を基に室外線量を評価する遮へい計算手法を確立した。
 同手法を遮へい設計に活用すると、安全性を確保した上で、遮へい壁の鉄板量や壁厚のスリム化を図ることが可能になる。従来手法と比べ、建設コストを10~20%低減できるという。複雑な形状の施設設計や、レイアウト変更時の治療装置の配置検討などにも柔軟に対応することが可能だ。

清水建設/放射線医療施設の遮へい壁を最適設計/安全性と経済性両立

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  2. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

    熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  3. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  4. 開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  6. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  7. リニア新幹線、静岡県内導水路トンネル新設/南アルプストンネル建設に伴う施策

  8. ~新聞ウォッチ~訪日外国人客に人気の「公道カート」安全基準の規制強化へ

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. ブレンド、すし、多収ーー米の新品種の流通が加速中!

アクセスランキングをもっと見る

page top