「建設技術展2015近畿」開幕 10月29日まで 画像 「建設技術展2015近畿」開幕 10月29日まで

インバウンド・地域活性

 日刊建設工業新聞社と近畿建設協会が主催する「建設技術展2015近畿」(特別共催・土木学会関西支部)が28日、大阪市中央区のマイドームおおさかで始まった。29日までの2日間、153の企業・団体が9分野に分かれ、500に上る新技術や新工法などを紹介する。 =10面に詳しく
 開会式は午前9時30分から行われ、主催者と特別共催者、出展者代表、来賓によるあいさつに続き、水野谷博之日刊建設工業新聞社取締役が開会を宣言。関係者がテープカットを行い、技術の祭典が華やかに開幕した。
 28日は、国宝姫路城(兵庫県姫路市)の平成の保存修理工事を紹介する講演や橋梁模型製作コンテストの会場製作、関西ライフライン研究会の地震防災フォーラム、NPO法人あすの夢土木のシンポジウムが行われた。29日には、橋梁模型の載荷試験や土木学会関西支部による講演会、学生のためのキャリア支援など多彩なイベントが催される。

建設技術展2015近畿が開幕/10月29日まで、本社・近畿建設協会主催

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  9. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top