大林組がコンクリ工法開発、許容打ち重ね間隔が3時間に 画像 大林組がコンクリ工法開発、許容打ち重ね間隔が3時間に

インバウンド・地域活性

 大林組は28日、特殊な混和剤を製造後のコンクリートに混ぜ、流動性を高めることでコンクリートの打ち重ねで発生する不連続面(コールドジョイント)や充てん不良を防止する新たな工法を開発したと発表した。下層のコンクリートを打ち込んでから上層にコンクリートを打ち重ねるまでの時間の限度(許容打ち重ね時間間隔)を最大3時間に延長可能。高品質で耐久性に優れたコンクリート構造物を効率よく構築するのに役立てる。
 生コンの鮮度(ワーカビリティー)は、生鮮品と同様、時間とともに低下する。ワーカビリティーが低下したコンクリートの打ち重ねは、コールドジョイントの発生原因となる。コールドジョイント部分から水分や塩分が浸入し鉄筋腐食が生じると、コンクリート構造物の耐久性と構造性能が大きく損なわれる。
 全国の生コン工場は大幅に減少。現場までの運搬距離や時間が長くなり、現場内での作業可能時間が短くなっている。流動性の低下を見越し、コンクリートの凝結を遅らせる超遅延剤を利用するなどの対策があるが、ブリーディング量の増大などが課題とされる。
 新工法「フレッシュキープ工法」は、メーカーと共同開発した特殊混和剤を用いる。日本工業規格(JIS)に適合した混和剤で、使用するセメント、骨材などの種類を選ばないため、普通コンクリートのほか、中・高流動コンクリートにも適用できる。
 コンクリートの出荷時または荷下ろし時に、アジテーター車のホッパーから特殊混和剤を添加するだけという簡易な作業性も特徴。生コン車の到着遅延など突発的な事態に対し、限定的に適用することも可能という。
 土木学会が12年に制定したコンクリート標準示方書では、許容打ち重ね時間間隔を2・5時間以内と定めているが、フレッシュキープ工法を用いることで3時間間隔に延長できるようになる。
 材料コストは、従来技術である流動化剤に比べ約2割、超遅延剤に比べ約4割少なくできる。特殊混和剤をコンクリートに添加しても、通常の生コンクリートの約1割増程度にコストを抑えられるという。

大林組/コンクリ流動性長期化工法開発/許容打ち重ね間隔が3時間に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  7. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  10. パルコが5カ年経営計画、総額668億円でスクラップアンドビルド

アクセスランキングをもっと見る

page top